『為替で稼ぐをデザインする』FXバイナリーオプションで稼げるチャートのプラネット

Planet Products

※連勝取引のオススメです。

a-xx32ce3

 

 

 

 

 

 

 

 

『プラネット通信』 

 

※連勝取引のオススメです。

いつもお世話になっております。

 

『プラネット通信』をご送付いたします。

 

最初に余談から失礼致します。

 

私の座右の銘は

 

『命の次に大事なのはおカネ』・・・です。(笑)

 

愛する人や家族や自分を守るのは『お金』だからです。

 

そのお金を稼ぐ為に人は汗して労働したり

下げたくない頭を下げてモノを売ったり

紙一枚の辞令で人生を動かされたりしながら

 

「おカネを得ています」

 

これを『生業』(なりわい)とも言います。

いわゆる生活を営む糧ですね。

 

為替トレードにおいて専業・副業とありますが

お金には「専業」・「副業」の名札はありません。

 

副業だから負けても仕方ないなら

最初からやるべきでは無いと思います。

 

なぜなら・・・・

『命の次に大事なのはおカネ』なら失ってはならないからです。

 

お金は使うものではなく殖やすものと考えれば

まずは、使わなければ減ることは防げます。

 

さらに殖やす手段をトレードで行うならば

形こそ違えど前述の『生業』の努力は最低限、必要になります。

 

結論として負けるトレーダーは「お金を欲しい」

希望は「大」でも、得る為の努力は「小」で

本来の持てる能力を惜しんでおられます。

 

ここらでお金の殖やし方を本気に考えるべきではないでしょうか。

 

今回は開催中の『プラネットホーム為替セミナー』の

『連勝』に関して、その一部を抜粋してご紹介いたします。

 

実際の内容はこの10倍程度のボリュームです。

 

今回はその抜粋ですので一部分を捉えて

「全て」とご判断されないようご注意下さい。

 

連続勝利!『連勝』は誰しもが望まれます。

 

連戦連勝・負け知らずの連勝方法があったなら

100万円出しても惜しくはないでしょう。

 

当方のセミナーは10万円ですが・・・・。(笑)

(2016年の富士河口湖合宿セミナーはすでにご予約満杯です。)

 

『連勝』とひと言で申し上げても「一日1勝」毎日勝つのも連勝です。

 

1日『3連勝』を5日間続けて15連勝するのも連勝です。

 

1分間に10連勝するのも連勝です。

 

このように異なる時間の長さで勝ち続ける事を「連勝」と定義します。

 

その連勝の継続性を高める事がトレーダーとしての進化です。

 

結論的に「連勝」こそがトレード手法の最終目的になります。

 

資金管理方法から検証した場合、必ずしも100%勝たなくとも

勝率50%でも稼ぐ方法はいくらでもあります。

 

しかしそれにはある程度まとまったリスク回避の資金量が必要です。

 

リスク回避とは投資は常に「月利計算」で行うべきで

月利5%~10%迄がリスクの限度とお考え下さい。

 

なぜなら月利10%は年利で120%です。

 

銀行の定期預金の年利が0.025%の時代に年利120%は

凄い数字ですが、

一般的にトレーダーの描く月間収入は自己資金比率からすると

大きくかけ離れています。

 

月間収益50万円希望されるなら月利換算で10%として

自己資金は500万円が必要になります。

 

10万円の自己資金で月間収益50万円を望むなら

現実の数字は月利500%であり年利は6000%になると言う事です。

 

1日2万5千円の収益で20日間で50万円稼ぐ・・・・・

 

一見、簡単そうに見えますが・・・

10万円の資金はわずか4日間(1週間もたず)

1日2万5千円づつ4回負ければ終了です。

 

さらに『追加して負け』、さらに『追加して負け』を繰り返すのです。

月利500%ものリスクを負いながら『追加して負け』を

繰り返すなら最初からまとまった資金を投資用に貯めてから

トレードを行えばリスクを回避しながら利益を取得する

事が可能になりります。

 

少ない資金で始めることは『負けることを前提』として

いる訳ですから、すでにトレードの前で負けていることに

なりませんでしょうか。

 

負けるトレーダーは絵に描いた餅を眺めて夢を膨らませますが

勝てるトレーダーは現実に即して最初から自己資金の割合を

上げて収益目標を月利10%未満を狙います。

 

本音は月利5%が最適なのですが・・・・・。

 

投資における『心理的なリスク』は持ち金が少ない人ほど

大きな要因になります。

 

投資はお金持ちが勝つ理由は投資額の大きさに加えて

心理的な余裕と金銭感覚が違うからです。

 

100万円が1万円位の感覚ならば

もちろん、リスクはほとんど感じないで済みます。

500万円の資金をを全額使わないまでも

1回の投資額1万円で2万5千円を得る

3連勝してやめる。

全然・・問題無いですね。

羨ましいですね。(笑)

 

投資におけるリスクは『月利』で図るのが最善と何度も申し上げます。

 

つまり負けるトレーダーにも500万円あったなら余裕を持って

月間収益50万円を稼げチャンスは充分にあると言う事です。

 

それでも負ける人は為替相場の上昇と下降を取り違えて

おられるのでしょう。

現実は厳しいですね。

 

500万円の自己資金があればあえて為替トレードは

行わないと考えませんか。

 

つまりお金があれば為替トレードなんかしないと考えませんか。

 

 

ここに大きな問題が内在しています。

 

なぜなら投資は余裕のお金を殖やすことが本来の目的だからです。

 

 

総務省によると日本の家庭の貯蓄額は平均830万円と言われています。

 

ならば830万円の貯蓄がある人は仕事はしないでしょうか。

 

そんなことはありません。

 

800万円あろうと無かろうと仕事は継続して行います。

 

それが『生業』(なりわい)だからです。

 

 

つまり負けるトレーダーには為替取引を仕事とする

覚悟ができていないのです。

 

あるいは、副業に甘んじておられるのかも知れません。

 

昨日よりも今日、今日よりも明日と進化する

自分を楽しみにしていないのです。

 

只、ひとえに「お金さえ稼げれば良い」とお考えなのです。

 

だから・・・・、

プラネットサポートに対し返礼もお出来に

ならない方がおられるのです。(笑) 

失礼しました。

 

真険にいかに「連勝」すべきかをお考えにならないのです。

 

極論を申し上げれば「お金の無い人には」

連勝しか勝つ方法はありません。

 

さらに極論を申し上げれば『連勝』方法を考え抜くことこそが

為替取引における『必勝法』そのものなのです。

 

その為に『プラネットチャート』が存在するのです。

 

『 カンガルー 』における

『 ショートクロス 』『 ロングパラレル 』は絶対的です。

 

『 ショートクロス 』 はFXで言う

『 売り(下降)と変動率の上昇がクロスする)

 

『 ロングパラレル 』はFXで言う

『 買い(上昇)と変動率の上昇が並行になる)

 

為替の値動きは突然発生的に生じるのではなく

時間の経過の中で取引に応じてラインが移動する訳ですから、

どなたでもチャンスを察知する事は可能です。

 

まして「図形認識」としてチャート上に表示される訳ですから

何も・・・知らない初心者の方でも充分ご理解頂けます。

 

MT4の最大の特性はオ―トスクロールと

縦横比を自動で調整してくれる機能です。

 

自然の摂理には『上からは加速がついて落ちる』

『下から勢いを付けて駆け上がる』あります。

 

MT4のチャートはまさにそれを

絵に描いたようなチャートの機能を備えています。

 

さらに最上部には高値の更新があり

最下部には安値の更新があります。

 

トレンドとは逆張りの先にあるのが真実ですので

これほど簡単なロジックはありません。

 

為替は通貨同士の対戦から成り立っているのが本質ならば

 

通貨の相関性を覚えればこれも簡単に

為替取引で勝つ事は出来ます。

 

為替の値動きは必然的に取引相場に参加している人が

多い時間帯ですのでマーケットの時間帯からも予測は可能です。

 

単純に為替は時間と価格だけの2次元の世界で

動いているにすぎないのです。

 

ドル円が下降してユーロ円も下降しているならば

ドルもユーロも円に負けたからです。

 

ならばポンド円も円が強い為、

ポンドが負けて下降するのは当然の帰結です。

 

さらにユーロドルがドル円の逆に上昇しているならば

最弱通貨はドルになります。

 

ドル円の下降 

ユーロ円の下降 

ポンド円の下降 

ユーロドルの上昇を取引すれば同時に4連勝は可能になります。

 

これをひと目で分かるように表示したのが『カンガルー』のサイドに

付いております『+サイド』のインジケ―ターです。

 

この『+サイド』と『カンガルー』のチャートの

バックのゾーンラインは5分足の設定になっております。

 

したがって1分足のチャートの中に

5分足のゾーンと5分足の通貨の相関が含まれているのです。

 

世の中に多くの商材がありますが為替の本質と言える通貨の相関と

異なる時間足による方向性と明確なエントリーポイントを

兼ね備えたチャート・・・・『カンガルー』は秀逸だと思います。

是非モノにして下さい。

 

『連勝』についてさらに続けます。

 

『機を見るに敏』とはチャンスの到来を待って

一気加勢に勝負する事ですが為替取引においてもそのことは重要です。

 

前述の通り、値動きの発生時には必ず通貨の相関が働く訳ですので

4通貨を同時にエントリーするのも選択肢のひとつです。

 

別の選択肢として4通貨をの内、特にユーロが弱ければ

ユーロドルの下降とユーロ円の下降を

同時エントリーすれば良いでしょう。

 

ユーロはどの通貨よりも弱いと判断する方法は

ユーロと対戦の通貨チャート

ユーロドル・ユーロ円・ユーロポンドがすべて下降しておれば

ユーロはハンパなく弱い状態ですので安心して

取引を開始する事は可能です。

 

円はその逆になりますね。

 

理由は通貨ペアの配置にあります。

 

ユーロはどの通貨と対戦しても必ず左サイド

円はどの通貨と対戦しても必ず右サイドです。

 

これほど、シンプルで明確で分かり易い

通貨ペアの配置はありません。

 

これだけで一生喰えるのです。

 

為替取引をライフワークにお勧めする理由はここにあります。

 

老いも若きも為替取引には年齢も性別も制限は有りません。

 

早期退職されても為替で喰えるのです。

 

リタイヤされてもセカンドライフが充実出来るのです。

 

必要な素養は『関心』と『注意力』です。

チャートを全体的に捉えず部分的なシグナルだけを頼るのは

依存的すぎます。

 

全体の動きによる通貨の相関に関心を持てば

稼げる場面のエビデンス(根拠)が見えてきます。

 

注意力が働けば働くほど万全なトレードが可能になります。

 

連勝のさらなる別な方法としてポンド円の存在があります。

 

FXの世界では昔、「暴れ馬」として親しまれていました。?

 

決して暴れ馬で、あてにならないのではありません。

 

為替の取引高は圧倒的にユーロドルが多く

次に・ドル円・ポンド円と続きます。

 

したがってユーロドルは分母が大きい為、

多少の取引高ではビクともせず

動きがなだらかに展開します。

 

政府が為替介入を行っても焼け石の水になるのは

『ユーロドル』です。

 

ポンド円の場合は取引量が少ない分だけ変動率が高くなります。

だから「暴れ馬」と表現されるのです。

 

ならばこの「ポン円」の変動幅を利用しない手はありません。

 

例えばドル円・ユーロ円・ポンド円・ポンドドルがすべて下降であり

ユーロポンドが上昇気配ならば、確実にポンド円は下降する事に

相違ありません。

 

顕著に通貨の相関の変動率が高まれば

ポンド円1本で勝負が可能です。

 

その場合ローソク足が小陰線・大陰線の中間的な長さ、

中陰線(造語)は継続することが多いので

まさにチャンスが生まれます。

 

大陰線は反発が予測されますが中陰線は継続を暗示します。

或る程度の時間的スパンがトレードには必要ですね。

 

マーケットの開催時における各通貨の値動きの特性、

ローソクの長さを覚えると優位な取引が可能です。

 

連勝狙いなら・・・・連続取引も良いでしょう。

 

1回の取引を10万円行うのと1万円の取引を10回連続

わずかな時間差で同時に行う事は理論上は同じですが

心理的に10万円の一発勝負よりも1万円の10回の方が

負担になりません。

 

まさに超短時間の一発勝負のハイリスクに思われますが、

 

用意の周到性(関心と注意力)があれば

 

通貨の相関性のロジックに適合しておれば、

 

活発なマーケットで値動きに全体の変動幅があれば・・・・

 

決して無謀な手法とは言えません。

 

もっとも10万円の自己資金の方は1発で

10万円を失う危険性はあります。

 

ならば・・・1000円を3回にして勝てば3000円で勝ちヤメ

負ければ負けヤメすれば1ヶ月半はトレードを継続できます。

この継続の中でご自分のトレードスタイルを確立するのです。

 

さらに資金量を増やして取引を行うのです。

 

お金が欲しいと思うほどお金は離れ、

お金の匂いがするまで近づいてお金を待ち受ける。

 

それが出来る人にのみチャンスが到来します。

 

まだまだ連勝方法はいくらでもあります。

ご自分でも研究されていると存じます。

 

『押し目戻し』も『順張り方式』も有効ですし

『ステップアップ・ダウン』も『ジャストパターン』も

連勝出来るチャンスは沢山あります。

 

どうぞ、これからも多いにお稼ぎ下さい。

 

以上、『プラネットホーム為替セミナー』の序編を

ご紹介させて頂きました。

今後とも宜しくお願い致します。

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

————————————————————-

プラネットホーム  事業本部  

ユーザーサービス『サポート★プラネット』

メールアドレス support@tenplanet.com

ホームページ http://planetin.net

営業時間 平日AM11:00~PM4:00

(土日祝祭日休)

————————————————————–

 

サポート★プラネット活用方法

※サポートは『2WAY形式』でお願いします。 

要領は下記の通りです。

①同一の返信メールでサポート履歴を残して下さい。

②サポートに対してご理解頂いたか、ご返事を下さい。

③件名にはお名前と「サポート依頼」と、ご記入下さい。

④質問内容が分かる画像を可能なら添付して下さい。

⑤遠隔操作・スカイプや電話はご遠慮頂いております。

⑥サポート受付は11時~16時迄でございます。

⑦ご回答は上記にご協力の方は2日以内です。

⑧他の方は恐縮ですが5日以内とさせて頂きます。

※毎日100件以上のサポートをさせて頂いています。

  勝手を申し上げて大変申し訳ございません。

※当方のホームページに「稼げるテクニック」を

 不定期ですが掲載させて頂きます。

 実戦ですぐに役立ちますのでご注目下さい。

※個人投資家として生きる「稼げるテクニック」

        http://planetin.net