『為替で稼ぐをデザインする』FXバイナリーオプションで稼げるチャートのプラネット

Planet Products

『パンフル』で稼ぐの反響有難うございます。

大変多くの反響を頂きまして有難うございます。

 sa4

プラネットチャートを数種類、ご利用頂いておられる方からも

『購入した方が良いでしょうか』のお尋ねも頂いております。

どのような商材でもご本人の意識が重要で有る事に

相違はございません。

「バイナリー」と「FX」のトレードの大きな違いは

「スパーン」と「ワンポイント」でしょうか。

「大きなトレンド」と「小さなトレンド」と申し上げても

良いと思いますが・・・

只、発生の瞬間は「大きなトレンド」か「小さなトレンド」

かは、どなたもお分りになりません。

「トレンド」になるかどうか、分からない訳で有ります。

しかし、それはどなたも同じことです。

参加者が多ければ・・・、一方的な流れになれば

・・・・それがトレンドになります。

トレンドのが発生する最大の原因はFXのストップロスです。

高値・安値のところで大きく動くのは、このポイントに

ストップロスを置いているトレーダーが多い事と

そこを「境」に一方的な流れによる恐怖や不安から

ポジションを持っている人は一斉に手放します。

遅れを取った人は損害が膨らみ、持ちこたえずに

更に手放す・・・そんな悪循環がトレンドを形成します。

本来、為替マーケットは買いたい方と売りたい方のバランスの取れて

いますので大きな変動は起こりません。

問題は評価損を抱えた方の投げ売りで悪循環が起こり

増大する事にあります。

ここまでは、すでにご存知の通りです。

つまり、FXはスパーンで捉え、

バイナリーはワンポイントで捉える事になります。

従いまして基本的にFXとバイナリーの

トレード方法は少し異なります。

もちろん、FXの大きなトレンドの中でバイナリー

を行うのが一番安全で有ることに違いは有りません。

しかし、大きなトレンドは1日に1回か2回有るかないかです。

市場参加者が最も多いロンドンとNYの市場が重なる時間帯

ですが、そこまで待たなければなりません。

逆にその時間帯だけ集中して行うことも出来ます。

その場合に注意すべきはファインダメンタル(経済指標発表)

などのマーケット情報・概況です。

バイナリーは「ワンポイント」の理由は制限時間内での

トレードだからです。

1分足がわずか5本程、一方向に向かうだけの中で

トレードが完結します。

この短時間での完結がバイナリー大きな特徴です。

誰しも、明日起こることは予測出来ないように

12時間・6時間・3時間・1時間後の予測よりも

連続性とういう為替の世界において、もっとも

予測し易いのは1分後ではないでしょうか。

注意すべきは変化ですが・・どの時間足も

変化するわけです。

多額の資金をわずか1分の変化で捨てるには

リスクが大きすぎますね。

そこが「リスク管理」の違いです。

バイナリーのトレードではせいぜい日本円にして

1万円位が良いでしょう。

10勝2敗で5万円くらいの収益になります。

余り少額ですと、『貧乏人の銭失いよろしく』

簡単にスッテ(失くす)しまいます。

5000円程度なら1万円を選択して下さい。

1日5万円なら20日間(月間)で100万円です。

その半分の50万円で5000円という考えは

妥当ではありません。

50万円で良ければ・・5勝1敗で1万円の投資

にして下さい。

わずか6回のトレードで終了します。

sa5

レバレッジを効かせた大きな取引のFXを

主力としている私どものトレードスタイルからすると

バイナリーは1分後の予測の連続ですので

別世界に感じますが、そのほとんどは勝てます。

その理由はバイナリーは勝ち負けで考え

FXは1回の取引の収益で考えるからです。

主にバイナリーでお勧めしているのは2分

のトレードですが1分で方向が変化しても

残り1分で戻る確信の有るところでのトレードです。

そこには原則が有ります。

原則とは「勝ちパターン」を完全に決める事です。

多くの負けるトレーダーはチャートを眺めているだけです。

多くの勝っているトレーダーは「勝ちパターン」をファイルしています。

当方には現在6名の専従のトレーダーがおりますが

彼らへの指示は土・日にマーケットが止まっている時に

ドル円・ユーロ円・ポン円・ユーロドルの4通貨ペアの

1週間分(5日間分)の「勝ちパターン」のファイル作成です。

『勝ちパターンのファイル』とはご存知でしょうか。

高値の更新にせよ安値の更新にせよ「勝ちパターン」があります。

プラネットチャートのコンセプトは

『視覚化による画像の勝ちパターンの認識』です。

勝ちパターンを認識することがトレードで勝つ唯一の方法と

考えています。

パンフルで言えば・・・。下記のパターンが勝ちパターンです。

イエローのラインをオ―バ―して「パンフルゾーン」で旋律を

奏でています。ココが勝ちパターンです。

8本のの1分足の中でバイナリーのトレードを2分行えば勝利です。

sa6

「勝ちパターン」を覚えることは死活問題に四適するほど重要です。

『勝ちパターンのファイル』はパソコンの画面から

『Word』に移してプリントアウトしてファイルにします。

5日分をまとめます。(簡単な作業です。)

sa7

これを毎週・月曜日に全員で付け合わせ【答え合わせ】を行います。

それぞれ、別のトレーダーのファイルを付け合わせする

のでゴマかしはききません。

なぜそこまでするか・・・・。

絶対に勝たなければならないからです。

負けることは絶対に出来ないからです。

投資は信念とか根性とか執着のレベルでは勝てません。

投資の本来の目的は収益を上げる事のみだからです。

負けるトレーダーの気持ちは分かりません。

負けるべくして負ける事を繰り返すからです。

勝つべくして勝つ方法をなぜ行わないのでしょうか。

二言目には「分からない」を連発します。

「分からないなら」「分かるようにするか」

「分からないなら」「わかるところだけやるか」

もしくは「分からなければ」最初からやるべきではないのです。

勝つ為に何にを行えば良いかを考えて実践すれば

確実に勝てる世界です。

勝っている人はたくさんおられます。

そのほとんどの方は勝つ方法を実践しています。

この記事をご覧になって「負けている人」の中で

何人の方が『勝ちパターンのファイル』の作成に取り掛かるでしょうか。

おそらくで恐縮ですが・・・「なるほど・・・」と頷いて

なにも行動に起こさないでしょう。

これが負ける方の現実です。

後日、改めてご説明致しますが、紙媒体【反射光】のデーターは

パソコンのディスプレ(透過光)よりも人間の脳の記憶には

はるかに有効であると実証されています。

画像右側が紙媒体です。

as9

『勝ちパターンのファイル』は小学生でさえ出来る作業です。

それは努力でも辛抱でも苦痛でもありません。

単なる仕事です。

負けておられるトレーダーさんには

耳が痛いお話かもしれませんがチャートを眺めているだけでは

100%稼げません。

sa3

人間の脳は過去の記憶をリピートする能力を持ち合わせています。

『勝ちパターンのファイル』はそのリピートを補足する為の

重要なファイルなのです。

記録に残すのは紙媒体である事が更に脳科学では重要なのです。

勝ちパターンが多くファイルされておればファイルされた

数だけよみがえる事になります。

ファイルの数が多ければ多いほどトレードに勝利します。

チャートはどのチャートでも良いのです。

今回「パンフル」をご紹介したのは「脳科学」に

おけるトレードと音楽の相乗効果が最も有効性が有ると

判断されたからです。

人類最古の楽器・・・・自然と対話出来る唯一の楽器と

呼ばれているパンフルートの音色には人間の本来

持ち合わせる感性を覚醒させるものがあるようですね。

トレードに応用することは非常に有効です。

以前は古典派のモ―ッアルトを聴いておりました。

プラネットチャート「パンフル」はパンフルートのフォルム

が似ているところからネーミングしました。

音楽の旋律に似てパンフルートの楽曲にとても合います。

また『勝ちパターンのファイル』作成においても

時間軸のタテにチャートを並べておけば

4通貨ペアとも同時に『勝ちパターンぺア』をファイルする

事は可能です。

sa8

最後に申し上げます。

バイナリーは『勝ちパターンのリピート』です。

勝率が80%維持できれば確実に勝てます。

それには、『勝ちパターンのファイル』から1分後の

予測を行えば良いのです。

無駄を省き、無理をせず、パンフルートの音色に

心を落ちつかせ「勝ちパターン」通りにトレードを

行い、仮に負けても騒がず・・・次の勝ちパターン

に投資する・・・80%の確率を信じれば・・・・。

必ず勝てるのです。

どうぞ「パンフル」をご活用下さい。

有難うございました。

※注目の「パンフル」改めてお聴き下さい。

http://saisaibatake.ame-zaiku.com/gakki/gakki_jiten_panflute.html

as10

as11

http://tenplanet.com/img/Panflu-1.pdf

 

 

 

Planet Home プラネットホーム

責任者 杉田

ホームページ http://planetin.net/

サポート★プラネットsupport@tenplanet.com