『為替で稼ぐをデザインする』FXバイナリーオプションで稼げるチャートのプラネット

Planet Products

トレンド発生の最大要因

FXとバイナリーオプション(BO)binaryは取引方法は異なりますが

根本的には両方とも為替の派生商品ですので為替相場を客観的に観

察すれば初心者も稼ぎ易い投資商品です。

バイナリーオプション(BO) binaryで成果を出せる人はFXも稼げます。

岡目八目(おかめはちもく)をご存知ですか、

当事者よりはたから見ている、第三者の方が事態を正確に判

断できる比喩です。

 

———————————

 

「 トレンド発生の最大要因 」

 

———————————

 

為替相場を見て上昇するか下降するかの判断は客観的に相場を

把握出来るかどうかです。

 

チャートが上昇を示すと,「それ!上昇」とばかり飛び乗る・・・

後は上昇を続けてくれとばかりの希望的に祈る.

 

それでは負けますね。(笑)

 

ご自分の意識よりも相場で直接取引を行なっている当事者

(売り手・買い手)の気持ちになって考えると次の展開が

見えてきます。

 

上昇を信じて買った買い手が、その思いと反対に相場が下降に

転じた場合、何とか上昇に転じてくれと願いますが下降を待ち

受けている大口投資家がここぞとばかり参入してくる事を考え

ます。

 

更にその状況において、どんどん損失が膨らんでいる買い手は

こぞって損切りを余儀なくされます。

 

上昇の値動きよりも下降の値動きが凄い勢いで急降下するのは

人間の心理として奈落の底に突き落とされる底無しの大損失の

イメージがあるからです。

 

したがってチャート上においても、値動きの急降下は上昇より

も下降の方がはるかに多いのです。

 

そのように客観的に相場を観察すると、どの場面でどのような

取引が優位か容易に分かります。

 

———————————

 

モニタリングの課題、第2回

 

第1回は「予兆シグナル」です。

第2回は「形成トレンド」です。

第3回は「終息BBバー」です。

 

———————————

 

為替には不文律が有ります。

不文律とは暗黙の了解ですが・・。

その為、多くは語られません。

 

特に口座を開設して相対取引を行なう業者にはその解説は皆無

とう言うほど有りません。

 

なぜでしょうか?

 

業者と顧客の1対1の相対取引では不利になるから?は

考え過ぎでしょうか?

 

個人投資家も真剣ですが業者も勿論真剣なのです。

 

為替の不文律とは買い手の勢力と売り手の勢力の均衡が

どちらかに偏った場合、トレンドになりますがその発生の

最大要因は損切りによる「投げ売り」です。

 

トレンドのもうひとつの要因は上記の不文律では

無く既成事実です。

 

通貨の交換が為替の目的ならば、道理とも言えます。

 

それは通貨の相関です。

通貨の相関だけで稼げると言っても過言では無いのです。

 

したがって今回の課題は

 

第2回「形成トレンド」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記画像の下記の部分のみで取引を行って下さい。

 

たった3本のバーで本当に勝てるの?

 

間違いなく勝てます。

 

なぜなら・・・・

 

為替は複数の通貨の交換で成立します。

そこには必ず相関が発生します。

 

例えば主要取引通貨の中で「円」が最も

強ければ円絡みの通貨ペアはすべて下

降します。

 

最強通貨と最弱通貨を把握する事で

最も優位な取引が可能になるのです。

 

これほど分かり易く理に適った手法は他に無いと考えます。

 

 

 

 

たった3本のバーで本当に勝てるかお試し下さい。

 

どこで?エントリーすべきかを

今回もリアルで取引して下さい。

 

収益3万円で勝ち止めて下さい。

損失が発生した場合も3万円で負け止めて下さい。

 

———————————

編集後記

———————————

 

最終の第3回は「終息BBバー」です。

 

前章で解説した為替の不文律

買い手の勢力

売り手の勢力

均衡偏重でトレンド発生

その最大要因は投げ売り

それを具現化したチャートで

稼ぎまくってみて下さい。

 

投資の醍醐味に浸って下さい。

 

————————————————

プラネットホーム:PlanetHome 

事業本部

ユーザーサービス

『サポート★プラネット』

メールアドレス 

support@tenplanet.com

ホームページ

公式『E-ショップ』

https://shop.planetin.net/

————————————————