『為替で稼ぐをデザインする』FXバイナリーオプションで稼げるチャートのプラネット

Planet Products

トレーダーとしての勝ち方

 

 

a-ss23ff23

 

トレーダーとしての勝ち方。

 

当方には現在8名のトレーダーが在籍しています。

毎日、各自トレードの終了時に日報を書いて締めます。

一般のビジネスでは日報は上司への報告になります。

しかし当方では自身に対する報告の意味合いが

有ります。

 

所詮、個人投資家はどなたも孤独な稼業です。

トレーダーとして成功するにはビジネス感覚が必要です。

 

当方の日報の中で最も大切な事がひとつあります。

それは『機会損失割合』です。

 

余り聞き慣れない言葉ですが・・・

『機会損失割合』とはプラネットチャートを活用して

トレードの時間内に100%近く勝てる場面で『何回勝って』、何回『逃がした』かの割合です。

 

限りなく100%にに近い確率で勝てる場面を逃してしまう事は本来、得るべき利益を逃してしまった事になります。

 

これを『機会損失』と言います。

 

つまり得るべき利益を逃すことは同額のマイナスに等しい事になりますので

『機会損失』は2倍の損失計算になります。 

 

結果だけを見てここでトレードすれば勝てたと振り返るのは誰でも出来ます。

 

機会損失は、そうではなくプラネットのチャート上で100%近く勝てるところが明確にあったにも関わらず

それを逃して確率の低いの80%位の所でトレードを

行ってしまった事を問題にします。

 

勝てば「結果オーライ」で終わっては,個人のスキルは

絶対に伸びません。

 

結果的に勝てたとしても野球で言えばバントの『サイン』を逃してセンター前にヒットを打って勝ったようなものです。

 

『ヒットを打って勝ったから良かった』ではなく完全に凡ミスを犯しています。

 

勝つことを継続させるには、明確に勝てるところで

勝つことが最も重要になります。

 

2月18日(水)のプラネットチャートにおける

限りなく100%近く勝てる『勝利の時系列』は

下記の通りです。

 

2月18日

『プラネットチャート・勝利の時系列』

 

①  8:10  ユーロ円

② 10:29  ドル  円

③ 10:30  ポン  円

④ 13:03   ポン 円

⑤ 13:08  ユーロ円

⑥ 14:30   ポン 円

⑦ 17:59   ユーロ円

—————————–

⑧ 19:13   ドル 円

⑨ 19:26  ドル  円

⑩ 20:58   ドル 円

⑪ 23:52   ユーロ円

——————————-

16時間で11回の勝利

 

それほど本数は多くはありません。

なぜなら100%に近い確率で勝てたトレードの

機会だからです。

 

毎日朝8時から夜の24時迄平均本数15本です。

 

ハードルの確率を下げれば本数は倍以上になりますが

ここで、大切なのは100%に近い確率のトレード

機会が何回有ったかです。

 

『勝利の時系列』は誰が見ても勝てるポジション

ですので『結果論』ではありません。

現実に即したプロセスの『経過論』になります。

 

例え本数は少なかろうが絶対に逃してはならない

トレードがこの100%勝てる『勝利の時系列』です。

 

なぜなら、1回の勝利が1万円の利益設定ならば

これだけ勝てば投資価値も生活も上がるからです。

 

勤務時間(トレード時間)内で遭遇した

『勝利の時系列』が何回あって、

その内何回トレードして勝って何回逃したかが

日報に記載されます。

 

勝った利益の合計よりも逃した回数と失った利益の

累計が日報になります。

 

得た利益よりも機会を失ったことによる損失のデーター

こそが個人のスキルアップを図る意味で大変重要です。

 

為替投資はギャンブルでは有りません。

勝てると分かっているところで確実に勝って

確実に利益を積み上げることこそが将来を

見据えた投資になり得るのです。

 

100%近く勝てるポジションとは

逆に言うと100%近く負けないポジションでもあります。

 

負けない事が利益につなげる唯一の方法でもあります。

 

機会損失場面はチャートに歴然と残りますので弁明は

出来ません。

 

『こんなに本当は勝てたのだ・・・・』

『私は何をやってたんだ。』

そこで初めて気づくことができます。

 

ともすると,『勝った・負けた・損をした』の

個人のレベルで終始しがちなトレードの世界に

あって『本当に稼ごう』、『本当に儲けよう』と

考えたら『機会損失』にこそ目を向けるべき

ではないでしょうか。

当方が始めた『日報』の理由はそこにありました。

 

最初に意識付けはなかなか出来ませんでした。

具体的に100%に限りなく近いチャンスを逃して

行ってはならない確率の低い所でトレードをやって

負けていました。

しかし、その損失額が3倍であると『日報』で

自分自身が気付いた時、その圧倒的な数字を

間のあたりに見た時・・・・・

いかに勝てるポジションが大切なのか肌身にしみたのです。

トレーダーとして、やらなければならないことは何かが

はっきりと見えてきました。

 

そこからです。 

我然、状況が変化して来ました。

8名のトレーダーの将来は独立です。

稼いだ資金を分散投資して増やした資金でアパート経営

を行う夢などをそれぞれが持っています。

 

先日当方主催の『リーディングルーム』を開催しました。

延べ23名の皆様が交互にご参加頂きました。

皆さんにも、多くの夢がお有りです。

その夢の実現の為に『日報』をつけてみたらいかが

でしょうか。

 

当方には「日報」他に「週報」と「月報」があります。

その場しのぎのトレードで終わらせない為に『年報』

まであるのです。

 

確実に成長している自分の記録を残すことは

未来への糧になります。

それ以上に、今現在、稼ぐことへの裏付けになります。

 

人生は長ければ長い分だけ計画が必要です。

是非、限りなく100%勝てるポジションでその

計画を実現して下さい。

『機会損失』を図る「日報」は是非お勧めです。

 

Planet Home

プラネットホーム

サポート★プラネット

ホームページ http://planetin.net/

サポート★プラネット support@tenplanet.com