『為替で稼ぐをデザインする』FXバイナリーオプションで稼げるチャートのプラネット

Planet Products

トレード実戦見学会開催

レード実戦見学会開催(モニター制度・最終イベント)

 

a-33s33

 

11月13日14日プラネットホームに於いて実戦の

FX&バイナリーのトレード見学会を開催しました。

8名からなるプラネットの専属トレーダーは単独プレーヤー

ではなく合議制のトレードスタイルを貫いています。

いわば・・チーム制ですね。

 

合議制のトレードスタイルは

初めての方には不思議な光景に映るようです。

なぜなら、FXの場合エントリーを行ったなら

エグジットは交代でチームの他の人が行います。

 

つまりエントリーの担当者はストップロスを入れて

エグジットの担当者に交代します。

 

合議制のトレードスタイルのメリットは

  • 客観的にトレードを行う。
  • 責任の所在を明確にする。
  • 当事者同士で検証が可能。
  • トレードに整合性を持つ。
  • 連帯性共存共栄システム

 

見学の方からは思わず笑い声が漏れます。

『これは遅すぎはしないか、利幅がとれないジャン』

『もう少し賢いエントリー出来ないかねー』

 

本来一人で行うことを二人で行っているのが珍しいのですが、

個人投資家はそれぞれ、もう一人の自分と向き合ってトレード

を行うことをお勧めします。

 

以前、見学会に参加された方は合議制のトレードスタイルに

刺激されて、仮想、もう一人の自分とトレードを行うことを

考えてエントリー場面でボイスレコーダーに実況中継を行い

エグジットでも同様に実況を行なうそうです。

 

検証に大変役に立って収益が上がっておられるとのことです。

自分で自分で叱ったり褒めたりで楽しいらしいですね。

 

今回は男女10名様づつ20名ご参加頂きました。

モニター制度の最終イベントとして行いました。

これが当方の売りではありません。

もちろん参加費は無料です。

 

今回は時間差を設けて各3時間づつ見学頂きました。

セミナーではなく実戦の見学会ですので質疑応答は一切ありません。

見て感じた事を月内にレポート用紙10枚が課題です。

 

当方はいつもオープンです。

企業秘密は多少有りますが、かと言って隠すほどのものでは有りません。

したがってオープンはオープンです。

 

突然のご来訪はトレーダーが集中出来ませんのでご遠慮下さい。

 

今年も残り少なくなりました。

まだまだ、これから稼ぐ事はいくらでもできます。

アメリカと日本の政治と経済を良―く見据えて付和雷同に乗ることなく

一歩、先を見て為替でお稼ぎ下さい。

 

プラネットホームでは12月にちなんで『最初で最後の砦』(トリデ)

を企画しています。

どうぞお楽しみにされて下さい。