『為替で稼ぐをデザインする』FXバイナリーオプションで稼げるチャートのプラネット

Planet Products

お金の匂い・トレード通貨発見法 「CUBE」観察考

 

b4

 

『お金の匂い』トレード通貨発見法 「CUBE」観察考

 

私どもは平日はサポート活動と為替のトレードを行っています。

双方ともかなりの「量」をこなします。

渾身を込めたサポートでも何のご返答が無いとがっかりします。

無料がそうさせているのでしょうか。・・・と思う時も有ります。

「礼節を知る」は遠い昔の言葉のように感じます。

土日は開発と仲間の打ち合わせで動いています。

土日はサポートはオフです。

マーケットが開いていない時はマーケットに拘束されませんので

有効的に他に時間を使います。

時間とお金ほど貴重なものは有りません。

最近ご熱心な方からメールを頂きました。

少し回答形式でお話をしてみたいと思います。

・・・・・・様へ

私どもは仲間内でトレードを行っていますが、

トレードスタイルは頑なに統一しています。

理由は個人の資金を動かしているのではないからです。

1円たりとも勝手な判断は許されません。

以下は持論ですが・・・・・。

お金を追いかけている内はお金は入って来ないと考えています。

お金は結果に基づいて、後から付いてくるものと考えています。

結果に基づくとは一生懸命働く価値のあるところで死に物狂いで

働けば、これ以上、『もういらない』と言うほどお金が入ってきます。

働かなければ一銭も入ってきませんね。

入ってきてもすぐに出て行ってしまいます。

「お金の匂い」

世の中にはお金の匂いがする所と匂わない所が有ります。

魚を一匹も入れていない釣り堀で毎日釣り糸を垂れても

一匹も釣れませんがおなかを空かした魚を大量に釣り堀に

入れたら、≪入れ食い≫のように餌を付けなくとも釣れます。

釣り堀とは「マーケット」を指します。

たくさんのお金が欲しければ、ご自分の仕事も一定のサラリーでなく上

限の無い歩合の世界に置き換えたらいかがでしょう。

厳しいのは当然ですが、稼ぐには相応の覚悟が必要です。

私の好きな言葉の一つは『無尽蔵』です。

際限なく稼げる意味と捉えています。

どんな世界でも『無尽蔵』に稼げる世界(お金の匂いのする所)

に身を置くことからスタートすべきと考えます。

自慢ではありませんが今まで5000種類くらいのインジケーターを

死に物狂いで検証しました。

その間、為替も株のトレードも一切行いませんでした。

仮説・考察・結果の検証は時間と労力と心身をすり減らす過酷

なものでした。

なぜインジケーターを対象にしたのかその理由は

インジケータートとはトレードにおける優位性を確保する為に

考察に基づいて制作されたものと言えます

それを検証する事は人の頭脳を見ることに等しいと考えたのです。

5000人の頭脳を覗き見てその考え方やロジックは勉強になりました。

納得のインジケーターはたった2本でした。

基本的なロジックの結論は「通貨の相関」でした。

『自分のイメージするチャートでトレードしたい。』

その願望に突き揺さぶられてチャート制作にのめり込みました。

大変失礼な言い方ですが、お金で夢を買おうとしていませんか。

それどころか、そのお金を得ることを夢にしていませんか。

夢はお金では買えません。

夢でお金は稼げません。

自分の夢は自分のお金は自分の能力でしか叶えられないものです。

人が与え授けてくれるものでは有りません。

ヒントになればの思いで書いていますので失礼が有るかも知れませんね。

すこし、人生相談みたいになりました。

ここから本題に入っていきます。

プラネットチャートは開発者の微妙な感覚を必要とするものでは有りません。

ヤケクソなトレードもお勧めしておりません。

極めて科学です。

実はトレードは科学の世界かも知れません。

科学とは仮説に基づいて立証することです。

今後の為替相場の推移は『こうなる』の前提のもとに

結果をもってして裏付けて行くものです。

こうなる筈・・・長期スパンのチャートにラインを引けば簡単に分かりますね。

未来予測は終値にラインを引けば簡単に出来るものです。

ラインが引けなければトレード活動を休息すれば良いだけです。

遠くから俯瞰して「お金の匂い」を嗅ぎつけピンポイントで稼げば良いのです。

山に登り、街、全体を見渡し、街に降りてきて稼ぐのと同じです。

東北の人が雪に閉じ込められてジ―ト春を待つよりも東京に出て

稼ぐ方が得策と考えるのに似ています。

稼げるところに移動すれば良いのですね。

チャートとはそのような役目に利用するのが本来なのです。

お金儲けのシグナルだけを求めるのは次の段階なのです。

それを逆にやっていませんか。

一番危険なゾーンで目の色替えてシグナルを待って闇雲にトレードを繰り返す。

挙句、エントリゾーンがエントリーポイントが分からないと、のたまう・・・。

意識の無い部分を負けた後で後悔するのです。

まさに業者の餌食になっています。

業者はユーザーよりもお金の匂いに敏感で仕掛けづくりのプロです。

弱者(本質を知らない人)は簡単にその罠にはまります。

トレードの開始は長いスパンのチャートを利用して下さい。

といつも申し上げています。

「CUBE」の利用方法

「CUBE」には二通りのチャートをご用意してあります。

長いスパンチャートにはトレードゾーンが

分かるように不要な部分は雲で覆っています。

「拡大チャート」は実践トレード用のものです。

目先の利益を求める人は拡大チャートしか見ません。

多くの利益を求める人は長いスパーンチャートを見ます。

目先の利益を求める人はご自分が楽して稼げる方法を探します。

多くの利益を求める人は自分で苦労して危険を回避を探します。

インジケーターのサインは両者に平等に与えます。

稼げるマシーンとして購入したチャートに

買いのサインが出たら買い 売りのサインが出たら売るだけなら

自動売買に任せた方がその時間、他の仕事で稼げますね。

なぜ裁量でトレードするのか。答えは「意志」を働かせる事が

出来るからです。

下手なトレードをされる方は科学的な意志が働いておられません。

チャートをしっかりと理解して下さい。

なぜ「ユーロ」と「ドル」と「ポンド」の3本のラインだけなのか。

3本のラインは何を意味するのか。

赤の円がどのように関わるのか。

3本のラインはローソク足そのもので終値と終値を結んだ

ラインチャートです。

最も信頼できる近未来に一番近い数値のラインです。

したがって為替相場の最新の価格を表示されています。

信頼性、云々ではなくリアルそのものです。

3本のラインが同じ方向に向いた時が円が一番動く時

とお考え頂ければおのずからどのようにトレードすれば

良いかが分かります。・・・・と説明させて頂いております。

それを3個のCUBEが並んだ時と言う判断少し違いますね。

目安として活用下さい。

結果的にはそのようになるのは当然ですが、その経緯を

見るのはラインでありCUBEは結果です。

長い時間足の場合で有ればトレンドが長いだけにCUBE

が並ぶのを待つのも良いでしょうが1分足ではわずか

7分程度のミニトレンドでしかありません。

インジケーターは「結果におけるサイン」であり

「経過における推測サイン」では有りません。

推測サインはラインを読む事で得られます。

どの通貨ペアでトレードすれば良いか。

どの通貨ぺアが一番安全に稼げるのか簡単に分かる。

今までこのようなコンセプトのチャートが有ったでしょうか。

商材のセールスページにはとんでもない言葉が平気で

書いて有ります。

『サインに従ってトレードすれば億万長者になれる。』

なんと馬鹿げていると思いませんか。

真面目で賢明な方はたくさんのチャートを並べて一番活発なチャートで

取引を行うのが従前の方法でした。

CUBEはその必要なく簡単にベストトレードの通貨ペアを発見できるのです。

発見する「意志」を持つ事が最も重要なのです。

トレンドは竜巻みたいにいきなり発生しません。

台風の進路のようにいつも見えています。

時として亜熱帯高気圧で消えてしまうところも似ています。

来ることが分かっているなら、それに対応すれば良いのです。

お金の匂いのする通貨ペアを探す事を優先に考えれば

間違いなく「CUBE」で稼げます。

リアルタイムの3本のラインチャートこそが

投資におけるライフラインなのです。

ご不明な方はサポート★プラネットにご連絡下さい。

 cc1