『為替で稼ぐをデザインする』FXバイナリーオプションで稼げるチャートのプラネット

Planet Products

冷静に稼ぎまくる方法のひとつ

a-556721

稼ぎまくる方法のひとつ

このチャートを見て何か感じますか。

感じたあなたは為替で一生喰えるかも。(笑)

a-44356

稼ぎまくる方法のひとつとして昨日はMONスター2で

少しご紹介しました。

上の画像は2月12日(昨日)のチャートです。

           19時38分にポン円で勝ち

           19時47分にユーロ円で勝ち

           19時57分にドル円で勝ちました。

           3連勝のチャートです。

説明しやすいように他のインジケーターは外しています。

私の好きな『時間差・攻撃3連発』です。

ほとんどピッタシに近い10分間隔です。

『たまたま偶然だろう』と笑わないで下さい。

プラネットチャートはご存知の通り時間表示は

10分間隔になっています。

根拠は時間差は約10分間隔で訪れるのを

私だけが知っているからです。(笑)

 a-556721

 

これだけ安定して円が綺麗なラインで降りてくる時は

稼ぎまくれるのです。

 

いつも、申し上げていますが・・・・・

チャートは離れて見るものです。

シグナルにこだわる人は周りが見えなくなりますよ。

 

私のトレード法はシンプルで値動きを中心に見ています。

ドル円とユーロドルのふたつのチャートを見ていれば、

ほぼ正確に相場全体が見えてきますね。

 

だから「MONスター2」はドル円とユーロドルがセットの

組み合わせなのです。

 

世界経済はドルとユーロの二大通貨で動いています。

それに円とドルが絡んでいる図式ですね。

値動きを見るコツをお教えします。

 

どこで『もみ合っている』か

どこが『高値』か

どこが『安値』か、この3点を見ます。 

 

チョットその前に・・・。

チャートは例え1分足であってもしっかりトレンドも

押し目戻しもあります。

5分足・1時間足・4時間足・日足と何ら変わりはありません。

1分足の達人になればバイナリーもFXも勝てるのが持論です。

その場合に1分足であっても最低2時間のスパーンが必要です。

 

シグナルポイントを探す皆さんはMT4のズームアップ機能を

上げますが私は逆にズームイン機能を下げます。

 

時間表示を読める限界までにすると約2時間分の表示が可能です。

必要以上に時間を長くとると焦点(目的)がボケます。

長い経験値から2時間120本のローソクを見るのが最適と

結論しました。

 

最初にポンとチャートを開いて見るのは値動きの「現在地」です。

全体のチャートの中でどこに位置してこれからどこに向かうのか

図る為に無造作に横にラインを一本入れます。

 

そこからスタートします。

余り難しく考えないで軽い気持ちでチャートに『今日はどう?』

と話しかけながらラインを入れます。

不思議ですね一本の横のラインが見えないものを見えるように

してくれます。

 

印象的な塊(カタマリ)を発見できます。

そこに軽く横にラインを1本入れて左右を見ると・・・。

ココを越えたらトレンドになるポイントが見えてきます。

 

相場は横軸の時間と縦軸の価格だけで表示されるなら、

そこに不文律なものが必ず存在します。

不文律とは「人」です。

人は誰しも損失に恐怖を抱き利益に夢を描きます。

その感情を表現したのがチャートでもあると考えています。

投資家はココでもがき悩み損切りを行ったからトレンドが発生した。

ココで利益確定に走ったなど、その時々の投資家の気持ちが

如実に表れています。

 

『バイナリーは超短時間の一方通行の取引だからそこまで

思いを巡らさなくても良いのでは・・・』と思う方はいませんか。

少し読みが足りませんね。

そうではありません。

トレンドが形成されるには根拠があるのです。

 

根拠が分かればFXもバイナリーもほぼ勝てたと同じなのです。

 

もっと大事なのはチャートで予兆を発見出来る事です。

地震予知は科学の時代に合って困難なのは地球規模でプレートを

観測しなければならないからだと言います。

しかし為替のチャートの予知はたった2時間分120本のローソクで

分かってしますのですから地震が来たらパソコン1台

持って逃げればお金には困りません。

 

為替の派生商品(FXやバイナリー)で稼ごうお考えなら、

ここが一番大切なのです。

 

16年前、FXを始めたころ「板情報」でコロコロ変わる

価格の表示板を見ながら取引していました。

いかに無謀だったか今思えば冷や汗ものです。

それでも運よく勝っていました。

勝てた理由はドル円もポン円もユーロ円も板情報のレッドの数字の

点滅が同じリズムで動いていると気づいたのです。

まさにそれがミニトレンドだったのですね。

チャートの魅力にはまったのはそれがきっかけでした。

たかが1分足されど1分足その魅力をご自身で見つけてお稼ぎ下さい。

 

Planet Home

プラネットホーム

サポート★プラネット

ホームページ http://planetin.net/

サポート★プラネット support@tenplanet.com