『為替で稼ぐをデザインする』FXバイナリーオプションで稼げるチャートのプラネット

Planet Products

利食いこそ我が人生

為替投資における利食いとは直接の利食いを指しているのでは

なく利食い目的で動くマーケットを察知して早めに仕掛ける事。

FXもBOも為替の派生商品です。

最初の損失は小さいので早く「損切」

最初の利益は小さいので遅く「利確」

8割の「成功」より2割の失敗を改善。2割の失敗の原因は先天

的なトレーダー個人の性格から来るミスです。

したがって何度も何度も同じところでミスを重ねるのです。

それを解決するには・・・・。

 

 

勤労感謝の日 

 

年間1億円を5年続けた知人がとうとう

破産してしまいました。

 

現金で新車のマセラティ クアトロポルテを購入し六本木に住ま

いを移し一年の半分はハワイで過ごす・・・・誰もが羨むよう

な生活を送っていました・・・・。

 

しかし、周囲の誰もがいつか破綻すると思ったのは・・・

まるで人間が変わってしまったからです。

 

破産申告はその矢先でした。

 

お金を稼いだ者はお金を稼げる前と同じで有り続ける事は

困難なのです。

 

5年前に当方に「トレーダー見習い」に来た時は非常に臆病者で

石橋を叩いても渡れない素直なタイプの人でした。

 

当時の全財産が100万円。

 

当方が何度も何度も繰り返し教えたのは下記の3点です。

 

最初の損失は小さいので早く「損切」

最初の利益は小さいので遅く「利確」

8割の成功より2割の失敗を「改善」する事

 

その甲斐なく6年目で撃沈しました。

 

お金が人生を凌駕すると人は変わります。

 

彼に教えた手法は『利食い』です。

 

為替の目的は差益狙いの利食い以外に何も有りません。

 

それはFXだけにに限らずバイナリーオプションにしても

同じ事です。

 

却ってバイナリーの方がシビアです。

 

なぜなら限られた時間の中で利食い相当の差益を

見越せなければならないからです。

 

バイナリーオプションは実は単純に価格が上がった

下がったを当てるゲームでは無いのです。

 

為替投資における利食いとは直接の利食いを指して

いるのではなく利食い目的で動くマーケットを察知

して早めに仕掛ける事です。

 

マーケットの外にいる私達は観察が仕事なのです。

 

「見物トレーダー」としての自覚が足りない人が負けるのです。

 

マーケットには価格の節目節目に売りと買いの注文が

集まっています。

 

早めに順張りで仕掛けて大勢が参入した時には利食いを

行なう事を意識してトレードを行なうべきです。

 

破産した知人は自分自身を見失ってしまいました。

 

逆張りに走りました。

まるで自分はプロであるかのように・・・

大金を得ると人が変わり投資も変わるのです。

 

稼げる自信は高利貸しから資金を借りてまでも行なう

虚構の世界に没入してしまうのです。

 

失敗を回避する能力は2割の失敗からしか学べないものを

8割の成功に舞い上がって自身で墓穴を掘ってしまったのです。

 

勝者と敗者の分岐点はこの2割の失敗の克服に

掛っています。

 

実は2割の失敗の原因は先天的なトレーダー

個人の性格から来るミスなのです。

 

したがって何度も何度も同じところでミスを重ねるのです。

 

何で?こんなところでエントリーしたのだろう。

 

皆さんも経験は有りませんか

 

一度や二度のみならず毎回ミスを同じパターンで繰り返します。

 

それ程に同じミスを繰り返して負けるのならば、・・・・

 

売ると決めた場面で買い、買うと決めた場面で売る、

 

「リバーストレード」を行えば結果的に勝てる事になるのですが。

 

しかし、自分の意志と逆のトレードを行う事は自己否定になりますね。

 

そんな勇気は持ち合わせません。(笑)

 

したがって、ミスを克服するには同じミスを改善する為に意識的に

トレーニングを重ねるしかないです。

 

「・・・・・・・」

 

続きは明日のホームページに掲載させて頂きます。

参考にしてお稼ぎ下さい。

 

 

編集後記

 

海外版のホームページをご覧になった欧米やアジア

の皆様からリクエストを沢山頂いております。

 

稼ぎたい希望はどこの国の皆様も同じです。

 

海外版のホームページ

http://planetin.net/en/

 

師走の12月年末を控えてもうひと稼ぎするには、

今しかありません。

 

焦らずに腰を据えてしっかり稼ぎたいものですね。

 

サポート致しますのでご不明な点は

サポート★プラネットに

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

最後までお読み頂き有難うございました。

———————————————————-

プラネットホーム:PlanetHome 

事業本部

ユーザーサービス

『サポート★プラネット』

メールアドレス 

support@tenplanet.com

ホームページ

http://planetin.net/

公式『E-ショップ』

https://shop.planetin.net/

 

—————————————————————