『為替で稼ぐをデザインする』FXバイナリーオプションで稼げるチャートのプラネット

Planet Products

参加者全員が『勉強会』でつかんだエントリーポイント

amo13

 

※みなとみらい「横浜勉強会」はお陰様で完了しました。

 

GWの最終日5月6日横浜勉強会は盛況の内に終了しました。

ご参加頂いた皆様並びに関係各位のご協力に深く感謝申し上げます。

『お陰様で大成功でした。有難うございました。

『ココがエントリーポイント!』 リアルトレードでは少し興奮しながら叫びました。

 

ご参加の皆様全員が『ココがエントリーポイント!』お分り頂けたと存じます。

assxz22

————————————————————-

今回の勉強会は目前の利益を得る為に『エントリーポイント』を課題にしました。

参加者全員がPC持込みで『リアルトレード』をしました。

 

『エッ!ここでエントリーですか?』

『こんなに早いのですか』

『まるで今までと違っていました。』

『凄すぎです。』

『興奮して何も言えません』

 

会場のそこかしこから、驚きの声、疑問の声、悲鳴等があがり当方のトレードの

連勝を間の当たりにしてどよめきが拍手に変わり最後の6連勝ではスタンディング

オベーション状態になりました。

昼下がりでマーケットが動かない中での6連勝、まずは名刺代わりです。

 

同じ商材を利用してどこが違うのか、そこから怒涛の質問攻めに遭いました。

人は目の前で「見せつけられると」好奇の目から興味が湧き関心を持って

自分もそうなりたいと思うものです。

今回の勉強会の目的は『ココがエントリーポイント!』を知る事でした。

 

ご参加の皆様の成績は5勝1敗が6名、4勝2敗が8名が上位でした。

他の方は当方のトレードにくぎ付け状態になり、合図通りにトレードをトレース

され『ココがエントリーポイント!』に納得されておられました。

 

asss33

 

モニタープラネットで学習されておられる中「どうしても稼ぎたいお気持ち」が

モニターの成果に繋がり、さらに専業を目指したい思いが、はるか北海道、沖縄から

足を横浜にまで運ぶ熱意になりました。

 

その皆様に100%お応えしょうと考えたのが『ココがエントリーポイント!』です。

中華料理を振る舞う程度では満足されない筈ですね。

 

acc5412

 

ご参加の皆様と勝負!「どこからでもタバになって掛かって来なさい」と

暴言を吐いた以上、『絶対的エース』を見せつけなければなりません。

そこで絶対負けない作戦を考えました。

リアルトレードですからごまかしは効かない1本勝負です。

昼間の動かないマーケットで勝つ工夫を考えました。

 

実はココだけのお話ですが・・・勝負は戦う前からすでについていました。

理由はノートパソコンで3通貨ペアを表示するにはタテのスパンが取れない為

チャートは平たくなりエッジが確認できないのです。

参加者は1台のPCですからおそらく一通貨ぺアでくると予測しました。

 

 

私どもは持ち込んだPCは5台です。

ドル円・ポン円・ユーロ円の通貨ペア用に各1台 プラットホーム用に1台

非常時用に予備1台の計5台です。

 

(ココからは実戦に役立つ情報になるかも知れません。)

 

ご参加者は一人一台のPCで当方は5台です。

昼間の動かないマーケットで勝つにはわずかなチャンスを複数の通貨ぺア

で同時にトレードして勝つ事しか方法は無いのです。

 

つまりポン円がヒートアップした時に同時にユーロ円かドル円がヒートアップ

するのです。そのチャンスを逃さないようにするには、3通貨ペアそれぞれ

専用のチャートを1台づつ必要でした。

 

3通貨ぺアが時間と価格の連鎖で少しづつ時間を変えてトレンドを迎える

場合もあります。

トレードは想定の世界です。起こり得る可能性をパターン化して置くのです。

 

 

24optionの口座も2個利用して同時にトレードするようにしました。

連続エントリーではタイムラグが生まれて価格に影響し命取りになるのです。

瞬時と言えば語弊が有りますが同時性(シンクロ)が求められます。

 

それと平行して前回4月26日の勉強会の宿題にした『予兆』『トレンド』『終息』が

一目で分かるチャートでした。

 

pen4

 

開発したチャートは参加者の高知の主婦Aさんに30分前スタッフがレクチャー

して利用方法を覚えて頂きました。

私どもが会場に持ち込んだPC5台の内の予備の1台を開発したチャート専用に

しました。 名前はみなとみらい横浜生まれの「ペンギン」です。

これが凄いのです。

 

イザ!実戦!

 

新開発のチャートの監視役・高知の主婦Aさんから予兆の合図・終息の合図

がまるで野球のコーチがサインを出すように声で合図してくれます。

最後はご本人が夢中になっていました。

 

当方はその合図が本物かどうか確認しながら冷静にトレードを行います。

私どもは本来はシグナルは必要ありませんが開発の成果を確認する為です。

 

結果・・・私どもは6連勝でした。

2回ほどあわや負けそうになりました。

相場が動かず少し強引にエントリーしたためです。

相場は絶えず動いており相手のあることですから100%勝てる保証は

有りませんが4勝2敗と6連勝では利益取得回数、2回と6回でその差は

3倍にもなります。

大変大きいですね。

 

声を大にして申し上げたいのは『負けない』トレードに専念すべきということです。

負けないことは勝つ事よりも重要です。

『1敗は3勝』に四滴するといつもスタッフに言い続けています。

 

2勝1敗は「たった1勝」と同じで3勝1敗は2勝なれど4回もリスクを

背負いその半分しか報われない結果です。

 

トレーダーは「負の世界」に甘んじてはならないのです。

モニタープラネットで『デモで15勝12敗でした。』と報告される方がおられます。

ご自分は初心者だからの甘えが有ります。

トレードの世界にはプロもアマもありません。

ハンデ戦では無いのです。

敗者はお金を失い退場を余儀なくされ勝者は勝ち続けて居座らなければ

生き残れない世界です。

お金を失うだけでなくダメージを受け入れてしまっては終了なのです。

 

バイナリーで勝つ方法はトレード回数を出来るだけ抑え負けを少なく

勝負差を「3」でスパッとやめるべきです。

1回のBETを1万円と仮定した場合、本来は3連勝でやめます。

還元率70%ならば21000円の収益です。4勝1敗ならば18000円の収益です。

5勝2敗ならば15000円の収益です。6勝3敗ならば12000円の収益です。

回数を重ねれば重ねるほど収益は少なくなります。

BETにメリハリを付けたりポートフォーリオ的に分散投資も可能ですが

そのレベルにはいくつかのハードルが有ります。

 

aall34

 

回数をやればやるほど収益は減る事を覚えて下さい。

 

月間100万円を目指すなら1回のBETを2万円にして固く3連勝を狙うのです。

完全にストレスの無いトレードは無理ですがトレードポジションを選べば

勝つべくして勝てるポイントは有るのです。

そこがノンストレスのトレードゾーンです。

『2万円にして固く3連勝』一日42000円の収益×20日間で840000円

100万円を稼ぐにはそこから考えを組み立て無ければなりません。

 

現実的に無敗なんてあり得ない話ではありますが・・。

負けないトレードを目指すことは勝利への近道です。

とにかく勝つ事よりも負けない事を考えて下さい。

 

下手なトレードを行って負けることがいかに無謀な投資に繋がるかしっかりと

自覚して下さい。

これが今回の「勉強会」の総括の一言です。

 

ちなみに、今回の勉強会の意見で生まれたチャートが有ります。

みなとみらい横浜で生まれましたので『ペンギン』と名付けました。

『予兆』『トレンド』『終息』が一目で分かるチャートにしました。

 

————————————————————————

注)ペンギンは水中から陸上に上がる際は一旦深く潜りスピードを

上げてジャンプします。その様がチャートのロジックに似ていること

から「ペンギンチャート」としました。

ペンギンは子供を守るために食料を調達する際は保育園的な

グループを作って「安全を確保」して漁に出掛けます。

安全の確保は為替投資に最も重要と考えます。

癒しのペンギンに学ぶ所は少なからずあるようです。

 

———————————————————————–

 

 

pen4

pen5

pen8

pen6

 

販売予告

販売開始日  5月20日(火)

販売価格    3万2千円

発売元     プラネットホーム

お問い合わせ

資料請求 support@tenplanet.com

 

————————————–

プラネットホーム

事業本部

ホームページ

http://planetin.net/

サポート★プラネット

support@tenplanet.com

 最後に寄せて

 

axxz589

 

みなとみらいヨコハマ 『勉強会』 ご参加の皆様 『大変お疲れさまでした。』

エントリーポイントが明確にご理解頂けたと存じます。

これを機会にしっかりとお稼ぎ下さい。

今回、残念ながらご参加頂けなかったモニター★プラネットのメンバー様

是非次回はご参加下さい。

お待ち申し上げております。

 

2014年5月8日

主幹 杉田j順一