為替で稼ぐには15分足の活用でFXのデイトレード、さらにバイナリー(BO)でも稼げます

Planet Products

マル秘マスターズで稼ぐ方法 

我の強い人はお金持ちになれません。(笑)楽して稼ぎたい人には全員に共通項が有ります。それは「身勝手」です。どんな人でも大なり小なり持ち合わせています。「自己改革」は無理でも「自己修正」は出来るも為替投資をを行う上でなぜ、我の強い自己中心的な人は稼ぐ事は困難なのかご存知ですか?人に教えを請う自体成功体験が乏しいからですが、しかしイザ、人の意見を聞くとすぐに反発を覚えます。

 

 

 

———————————————–

 

 

マル秘★マスターズ通信

 

 

具体的にお金を稼ぐヒント。

 

 

2020.12.06

 

PlanetHome

 

———————————————–

 

 

11月・第3回のマスターズクラブ

は為替相場の環境に恵まれて成功裏

に終了しました。

 

月間300万円越えは新記録でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月2日に、特別企画としてコロナ渦が

深刻化する中、不要不急の外出を控える

要請に応える如く急遽「マル秘マスターズ」

をスタート致しました。

 

 

84名様のご応募を頂きましたが、第一弾

は40名様限定で開始致しました。

 

 

※第二弾は年明けに行う予定です。

 

 

すでに3日間経過されて、ご参加の皆様は

四苦八苦されながらも為替投資の本質に

迫っておられます。

 

 

ちなみに四苦八苦とは・・・・・

 

 

①生苦(生まれることに起因する苦しみ)

②老苦(老いていくことに起因する苦しみ)

③病苦(病気の苦しみに悩まされる)

④死苦(死への恐怖、不安などの自覚)

 

 

以上、根本的な四つの苦に加え、

 

⑤愛別離苦(愛する者と別離すること)

⑥怨憎会苦(怨み憎んでいる者に会うこと)

⑥求不得苦(求める物が得られないこと)

⑦五蘊盛苦(肉体と精神が思うままにならな

 いこと)・・・・だそうです。

 

(ウィキぺディアより抜粋)

 

 

 

この中で⑥求めるものが得られないお金

に付いて検証してみました。

 

 

————————————————————

 

 

以下は「マル秘マスターズ」にご参加の皆様

に送る最初のメッセージです。

 

 

少し刺激の強い言葉がございます.

心臓にお気を付けてお読み下さい。

 

 

我の強い人はお金持ちになれません。(笑)

 

 

楽して稼ぎたい人には全員に共通項が有り

ます。

 

 

それは「身勝手」です。

 

 

どんな人でも大なり小なり持ち合わせています。

 

 

「自己改革」は無理でも「自己修正」は出来るも

のです。

 

 

為替投資をを行う上でなぜ、我の強い自己中心

的な人は稼ぐ事は困難なのかご存知ですか?

 

 

人に教えを請う自体成功体験が乏しいからで

すが、しかしイザ、人の意見を聞くとすぐに反発

を覚えます。

 

 

「今まで「自分ならこうする」を繰り返しても結果

が出なかったにも関わらず更に「自分ならこうす

ると」反発心を燃やすのです。

 

 

これは決して褒められた意識ではありません。

一種の慢性的な病気かも知れません。

 

 

この反発心が、本来、素直にお金持ちになれる

のに、ご自分でその芽を摘んでしまう最大の障

害です。

 

 

成功体験の積み重ねがお金持ちの近道ですが、

自らの利己主義でその道を閉ざしてしまいます。

 

 

早い話はどんな優れた手法でも「馬の耳に念仏」

になります。

 

 

個性は一生替えることはできませんが、自覚す

る事で修正する事は可能です。

 

 

「為替投資」は基本的に「為替逃避」とすべきです。

 

 

いわゆる「勝ち逃げ」です。

 

 

そもそも、私共も含めて皆様が行っているのは

為替投資では無く、為替投資を行っている人達

の値動きを推測して業者と勝負しているにしか

過ぎません。

 

 

直接、為替相場に関与しておられないのですから

主観的に判断するのではなく客観的に冷めた眼

で見て判断されるべきです。

 

 

値動きを予測するなどもってのほかです。

 

 

予測するから外れるのであって予測しないで

「待つ事」に専念すれば良いのです。

 

しかし、只、待つだけでは欲しいもの(お金)は

獲得出来る訳ではありません。

 

 

ここからはお金をお稼ぎになる為の具体的なヒント

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の図はAUD/USDの素(す)のチャートです。

ローソク足も立派なインジケーターですので、

プラネットホームの専属トレーダーの育成には

必ずこの素のチャートを利用して3ヶ月間、

学習して頂きます。

 

チャートは縦軸に価格、横軸は時間で構成され

ています。

このチャートは5分足のローソク足です。

 

ローソク足1本が5分の表示です。

したがって12本で1時間になります。

 

下の図のように1時間の時報に合わせてライン

を引くと何となく時報が鳴ると価格が動いて

いるように見えます。

 

人の生活の中で時報(1時間単位)はひとつ

の区切りとして利用しますので為替相場にお

いても、時報に合わせて仕込みを行うディラ

ーが多いのも頷けます。

 

イエローのラインをトレンド(同じ傾向が続

く)と言います。

 

ここでは約2時間ピッタシですね。

 

 

 

 

 

 

 

後は平たんな動きです。

 

これをレンジと言います。

 

業者はレンジは小さな動きを繰り返すので、

安全な取引が可能と言いますが、

それは業者の利益に供与するからです。

 

つまり業者と個人のトレーダーは

相対取引でどちらかが勝てば、

その相手は負ける取引です。

 

したがって完勝するには常勝するには

・・・トレンドのゾーンで圧倒的に勝

たねばなりません。

 

トレンドは上昇でも下降でも時間の

経過がありますので斜めのラインです。

 

縦軸の価格、横軸の時間に対して

私どもは斜軸をトレンドと呼びます。

 

縦軸・横軸・斜軸この3本の軸を通過

するのが「値動き」です。

 

値動きがあればこそ、そこに差額が

生じます。

 

その差額こそが私どもの収益になるの

です。

 

当たり前のお話ですが、この値動きの

発生要因を知ることこそがテクニカル

分析の原点に相当します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

値動きはなぜ生じるのか?

 

素朴な質問ですが為替は通貨の交換を行う

為に売買を行うからです。

 

この通貨の売買において一つのキマリが有

ります。

 

そのキマリこそが私どもに莫大な利益を一生

涯与えてくれるのです。

 

これを称して「通貨の相関」と言います。

 

したがって通貨の相関こそが為替の値動きの

原因(根拠)になるのです。

 

株式相場や商品相場等いかなる投資商品に

は絶対に無い優位性が為替相場には有るの

です。

 

つまり、通貨の相関を学習すれば

「一生喰って行ける」ことになります。

 

ここで、面白い現象をご紹介致します。

 

 

上部の画面をご覧下さい。

2本の通貨ペア上部はAUD/USD

下部はUSD/JPYです。

 

 

共通の通貨はUSDですね。

 

 

なぜ?AUD/USDは上昇したので

しょうか?その原因はUSDが売られてAUDが

買われたからです。

 

 

ならば・・・

USD/JPYはなぜ下降したのでしょうか。

 

その原因はJPYが買われてUSDが売ら

れたからです。つまり、この両方の

通貨ペアの共通項はUSDが売られたにあります。

 

ここに通貨の売買によるロジック

の整合性が必然的に成立するのです。

 

 

着目すべきはUSDの表示に有ります。

 

 

AUD/USDのUSDは右サイド

USD/JPYのUSDは左サイドこの

位置関係によって上記の対象形の

チャートが形成されるのです。

 

————————————————————

 

 

このロジックを応用したのが「EEポイント」です。

 

EEポイントは単に値動きが逆転するのを表示

するだけでなく、トレンドボックスと言うネットを

掛ける事でトレンドの値動きを明確にしての

トレンドの開始と継続と終息を顕在化したのです。

 

 

したがってトレンドボックスの入口に入る姿と

出口を出る姿を両方の通貨の値動きでその先

の展開を知ることに成功したのです。

 

 

ローソク足に寄り添う太いラインはトレンドの強さ

を強調しています。

 

 

上と下の通貨ペアの上昇と下降の角度も相対象

形になっています。

 

 

更に3段目の3通貨の値動きによる相関とその

トレンドの表示はトレンドの継続性をしっかり捉え

ています。

 

 

したがって精度の高いトレードを安心して行う事が

可能なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、課題としてキャッチボールのボールは

皆様のお手元に有ります。

 

EEポイントの入口はどこ?出口はどこ?

トレードの場面はどこ?

ここがトレードに最適な場面だと思われる具体的

な場面をご送付下さい。

 

現在までに30件の皆様が平均5枚の場面をご

送付頂いておられますが、正解率は20%以下です。

 

(これではお金を稼ぐ事は勿論、出来ません)

正解率が100%になるまで頑張って下さい。

 

初心者であろうと専業トレーダーであろうと、

どなたでも、必ず100%の正解率に辿りつきます。

 

 

それがもしお出来にならないのであれば・・・

冒頭に申し上げた「自己修正」がお出来になって

おられないのです。

 

 

下記の画像をご覧ください。

 

そして、先のご説明を思い出して照合して下さい。

 

念の為に抜粋致します。

 

 

トレンドは上昇でも下降でも時間の経過がありま

すので斜めのラインです。

 

 

縦軸の価格、横軸の時間に対して私どもは斜軸

をトレンドと呼びます。

 

 

縦軸・横軸・斜軸この3本の軸を通過するのが

「値動き」です。

 

 

値動きがあればこそ、そこに差額が生じます。

 

その差額こそが私どもの収益になるのです。

 

当たり前のお話ですが、この値動きの発生要因

を知ることこそがテクニカル分析の原点に相当し

ます。

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

 

上昇のトレンドの入口と出口はどこですか?

下降のトレンドの入口と出口はどこですか?

3通貨の値動きはどこに表示されていますか。

 

 

角度を勾配に例えたならば強い勾配と

弱い勾配のどちらが値動きによる値幅(収益)

が取得出来ますか。

 

 

実は・・・トレードする前からここでトレードした

らいくら稼げるか

 

更に、最適なトレードを行う場面を待つだけ

でなくご自分で作り出す事も可能なのです。

 

それが「マル秘テクニックのマスターズ」

なのです。

 

まずは、見本の場面を見つけて下さい。

 

そこから、次のステップに進みます。

 

たった今、

ご参加者の方から課題が届きました。(笑)

 

5本の画像中5本共正解に、ほぼ近いの

ですがよーく観察すると2本、完璧な投資を

目指すには控える事になります。

 

私どもが目指すのは100%稼げるポイント

を作りだす事なのです。

 

 

つまり、相場に左右されるのでは無く、

100%稼げるポイントを作りだす事が

最大のテーマなのです。

 

 

良くご理解下さい。

 

 

マル秘マスターズは

12月8日11日15日18日メールにて

講義を行ってご参加の皆様全員に

マル秘テクニックを習得して頂きます。

 

                    

サポート★プラネット

マル秘★マスターズ事務局

 

 

担当 中山

 

プラネットホーム   

事業本部 
ホームページ      

http://planetin.net
サポート★プラネット 

support@tenplanet.com
公式eSHOP