『為替で稼ぐをデザインする』FXバイナリーオプションで稼げるチャートのプラネット

Planet Products

モニターをモニターしたいのですが(笑)

FXやバイナリー(BO)は短期間にお金を増やせ

るメリットがあります。しかし5万円を3千万円に

した等は現実離れしています。稼げる事は事実ですが

そこにはノウハウが必要です。為替が固定相場制なら

FXやバイナリー(binary)は成立しません。

円安だから下がる?、円高だから上がる?は逆です。

為替の学習してから投資を行って下さい。

 

 

プラネット通信              

                                              12.02.2018

 

モニターをモニターしたいのですが(笑)

ある方から下記のお問い合わせを頂きました。

 

モニターの応募したかったのですが時間が無く逃してしまいました。

大変に残念で後悔しています。

もし可能であればモニターは今、何を行なっておられるのか

状況を教えて頂けますでしょうか?

 

※ご回答

 

ご関心をお寄せ頂き有難うございます。

今回のモニターにご応募頂いた方は85名様

いつもは200名近くご応募があるのですが

今回は個々に電話で直接お話しする機会を

設けましたので少し尻込みされる方もおられたようです。(笑)

 

 

今回は画期的な試みで損失補填までしてモニター

リングのプロセスの中でチャートを制作しますので

当方もご参加の皆様も必死です。(笑)

 

ほんの一部ですがその一端をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

—————————————–

 

11月29日の課題

※上昇相場のみのリアルトレード

 

11月30日の課題

※上昇相場のみのリアルトレード

 

————————————————————–

 

レクチャー(解説)の一部は下記の通りです。

 

————————————————————–

 

トレンドの発生原因のひとつはすでに値上がりを予測して

ポジションを持っている投資家にとって上昇相場は

利益確定を行なう事で成果が得られます。

 

片や値下がりを予測してポジションを持っている投資家に

とって下降相場は利益確定を行なう事で成果が得られます。

 

問題はその逆のポジションを持っている投資家です。

 

つまり値上がりを予測してポジションを持っているのに

下降相場になってしまった。

 

または値下がりを予測してポジションを持っているのに

上昇相場になってしまった。

 

どちらも損切りを行なう事で損失を最小限に食い止めたい

ところですが・・・・

 

人間の心理は負けたくない、損を確定させたくない、

少しでも逆転すれば損失が軽減される。

 

せめて利益も損失も『ゼロ』のイーブンになったら

イグジット(EXIT)したい・・・、

 

それで、成功する事は確かにあります。

 

しかし、これは為替投資病の初期症状です。

 

ポジションを持っていないと稼ぐ事は出来ないとばかり

わずかな値動きに反応して無理矢理ポジションを

持つポジポジ病・・・

 

これを何度も何度も繰り返すと依存症の常習犯になります。

 

何の為にトレードをしているのか常にハラハラドキドキ

しがらも損失の回避で一喜一憂する事になります。

 

その裏返しがもっと悲劇を生むことになります。

 

損失の回避を繰り返し行なう心理状態では、今度は少し

利益が出ただけですぐに利益の確定をしたくなります。

 

なぜなら損失をイーブンになるまでハラハラしていた状況よりも、

例え少ない利益でも勝ちは勝ちとばかりイグジットしてしまいます。

 

この手法をスキャルピング言いますが「トマトの薄皮を剥く

ようなトレード」を繰り返すとわずかな利益を

どんなに積み重ねても・・・・・

 

根っこの部分のポジポジ病と損切りしたくないイーブン病に

なったなら、損失がイーブンにならず、

どんどんマイナスに向かってしまったなら・・・

時すでに遅しで自分では損切りは出来ない金額にまで損失が

膨れ上がってしまいます。

 

トマトの薄皮のような利益の積み重ねが全て水泡に帰して

しまうのです。

 

もはや、大きな損失の金額は自力では断ち切ることは

不可能になっています。

 

飛行機で言えばダッチロールの状態に陥ります。

 

ダッチロールとは飛行機の垂直尾翼を失い飛行不能で

墜落寸前の状態です。

 

自ら損切りが出来ない状態で最終的には業者のロスカットで

アウトです。

 

なぜこのような状況を招いたのか理由は簡単です。

 

ポジポジ病の克服と早めの損切り遅めの利益確定が

出来なかったからです。

 

したがって、その解決策も簡単です。

 

冒頭で述べました。

 

値上がりを予測してポジションを持っている投資家

値下がりを予測してポジションを持っている投資家

この両方のパワーバランスを知る事です。

 

つまり、相場が下降したら値下がりを予測して

ポジションを持っている投資家は更に勢いづきます。

 

一方、値上がりを予測してポジションを持っている投資家は焦ります。

 

ここで損切りすべきかそれとももうしばらく様子を見るか・・・。

 

人間の心理は上昇よりも下降は転落に対して恐怖のイメージが

あります。

 

値下がりの方が値動きは急角度で落ちるのはそのせいです。

 

これがトレンドの正体です。

 

人間の心理や打算や欲望がトレンドとして集約されるのです。

 

為替投資は差益の取得が目的です。

 

だからシンプルに稼げるとも言えるのです。

 

パワーバランスを知る前に上昇トレンドと下降トレンドの早さと

大きさを体験して見て下さい。

 

今回の課題です。

 

11月29日の課題

※上昇相場のみのリアルトレード

 

11月30日の課題

※上昇相場のみのリアルトレード

 

————————————————————–

 

その次にパワーバランスを知るにはどうしたら良いか考えて

見て下さい。

 

為替で稼ぐ大きなヒントがここにありますのでご自分なりに

真剣にお考え下さい。

 

お電話で質問させて頂きます。

 

11月29日と11月30日のリアルトレードのレポートを

必ずご提出して下さい。

 

宜しくお願い致します。

 

————————————————————–

 

以上がモニター様宛のメールの一部です。

ご参考になりましたでしょうか?

シンプルに考える事から始めてみて下さい。

為替相場は「心理」が「真理」に近づくと考えています。

ご不明な点はお気軽にお尋ね下さい。

どうぞ、お稼ぎ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

—————————————————————-

 

プラネットホーム:PlanetHome 

事業本部

ユーザーサービス

『サポート★プラネット』

メールアドレス 

support@tenplanet.com

ホームページ

公式『E-ショップ』

https://shop.planetin.net/

 

—————————————————————