為替で稼ぐには15分足の活用でFXのデイトレード、さらにバイナリー(BO)でも稼げます

Planet Products

モニター様、とある日の会話です。

 

最近、当方で『始まりの次は』と題したモニター様向けのPDFを差し上げました。

いつも一方通行になりがちなモニター制度も早や1ヶ月も経過しましたので

そろそろ個人的なモニターに切り替えることから『始まりの次は』を読んだ

ご感想をお寄せ頂きました。

多くのご感想の中から 無作為に選びました。

個人情報の部分は且つあいしてございます。

ご感想に対して当方の考えをご回答とさせて頂いております。

次回のモニター様にご参考になればと思い今回掲載させて頂きました。

 

モニター4th頂きました。ありがとうございます。

 「始まりの次は」のレポートを読ませて頂きました。

 4回目を読み、このメールを書いています。

 

最初に拝見したときは、いつもと同じ文章のように思えました。

 自分の中では、それは分かっている。と・・・

 でも実際、モニターに参加して今、自分が結果が出ていないのも、 事実です。

 結果が出ている人達と、

何が違うか。

結構、熱くなってトレードをしているわりには、結果が出ていない。

 見ている所が違うのだろうと思います。

「始まりの次は」を3回目に読んでる時、蛍光ペンで  

アンダーラインを引きながら、

 あれっ!って思った事がありました。

 

分かってたつもりの「トレンドの兆候」という所です。

やっぱり分かってなかったんや!

 

多分、杉田様は、早く気づけよ!って言ってくれてたんですよね(笑)

いつも思うのは、杉田様が横にいてくれたら・・・です。

このタイミングで、「始まりの次は」を読めた事は自分にとっては、ラッキーです。

 多分、まだまだ気づく所があるはずだと思っています。

 

その他大勢の中に居たくないです。

最後に、絶対稼ぎたいという気持ちと、

今まで、最後までやりきったという事がほとんどない

自分なので、このモニターだけは最後まで

やり遂げたいという気持ちです。

 

 

ご回答です。

 

 

今晩は!○○ 様
お休みのところご回答頂きまして有難うございました。
モニター制度はかれこれ6年目かと存じます。
周りの者からは無償の奉仕活動は止めて
もう少し楽をした方が良いと言われます。
しかしこの仕事を始めたきっかけは
一般の人を業者が喰い物にしていると感じたからです。
少しでもお役に立てばの気持ちで続けています。
商材が売れるよりも皆様がお稼ぎ頂けるほうが
嬉しいのが実感ですね。
しかし昨今の一部の若者の非常識さには流石に閉口しています。
「挨拶」も「言葉」も「感情」も少なすぎますね。
いつも一方通行で当方から勝手を申し上げているだけで
モニター様のお声が聞けないことに少しもどかしさを感じて
今回ご感想を頂きました。
「何で感想を述べなければならないのか・・・・」と返されて
「エッ」と驚くのは私の人間としての修行が足りなさと感じます。
さて本題ですが・・・
お気付き頂いて良かったです。
FXはワンテンポ遅れても挽回できますが
バイナリーはワンテンポの遅れが命取りになります。
しかし逆にワンテンポ早ければバイナリーほど
有利な投資は有りません。
このワンテンポこそがバイナリーの「肝」になる部分です。
表現するに相手方の受け取り次第で誤解が生じたり
しますのでデリケートですが・・・。
あえて言わせて頂ければ「気配」と「予兆」です。
起こり得る前に必ず起きる予兆や気配は
自然界では「カラス」の予知能力が早いと言われます。
トレーダーにとっては常にこの部分にアンテナを
はるべきと考えています。
勘やフィリーングとは異なる「気配」と「予兆」には
動的な因子が含まれています。
取引量の多い為替相場においては「いきなり」は
雇用統計と為替介入くらいなもので、それも一時的な
ものに過ぎません。
為替相場にいきなりがなければ
通常は必ず予兆や気配を作りながらトレンドを
形成いたします。
そこを捉えるのが『ワンテンポ早く』の意味です。
端的に申し上げれば終値と終値を結んで始値に
一番近いラインチャートがその予兆と気配を感じるに
最も重要なラインかと存じます。
それに円の単独の動きを関係付ければ
明確なトレードの説明が成り立ちます。
ご存知のようにすべてのトレードには理由が必要です。
なぜ理由が必要かは勘やフィリーングはあてにならず
将来的に続けることは困難だからです。
稼ぎは継続してこそ稼ぎと言うべきで、わずかばかりな
小銭を手にしても、その程度の投資では投資家と言うに
おこがましいと思います。
私は皆様に個人投資家になって頂きたいのです。
お金と時間に不自由の無い生活を送って頂きたいのです。
人間形成は別物ですので、一部若者の無礼も許すのです。
今回ご案内させて頂いた
「MONスターWEB」は予兆・気配を表示したチャート
になっております。
「絶対的最終兵器・MONスター」

http://tenplanet.com/img/monstar_web.pdf

そんな訳で今後とも頑張って下さい。
この度は有難うございました。
お礼を申し上げます。
○———————————○

PLANET HOME
勝利のプラネットチャート
事業本部  杉 田
ホームページ
http://planetin.net/
メールアドレス support@tenplanet.com
○———————————-○