『為替で稼ぐをデザインする』FXバイナリーオプションで稼げるチャートのプラネット

Planet Products

最善の選択を教えて下さい。

 
ご質問を頂きました。
 
 
プラネットホームには多くの製品がありますが
どれが一番自分に適しているか迷っています。
 
 
BOとFXの経験と知識は有ります。
もう一度BOからやり直しFXに移行する予定です。
 
 
製品は下記の3点に絞りました。
 
トレンドスター
E-OUT
BBパワー
 
 
どの製品も魅力的です。
 
 
ご提案を頂ければ参考に致します。
 
 
宜しくお願いします。
 
————————————————————–
 
ご回答させて頂きました。
 
————————————————————–
 
 
サポート★プラネットでございます。
 
 
この度はお問い合わせ頂きまして有難うございます。
 
 
ご丁寧なご質問にそのお人柄を感じました。
 
 
ノウハウコレクターはご謙遜かと存じますが見方を
変えれば向上心の表れとも言えます。
 
 
学習しながら稼ぐ・・・が当方のコンセプトですが
併せてパーソナルチャートの考えをお勧めしています。
 
 
個性に合わせたチャートが一番稼ぎ易いとご理解下さい。
 
 
人はそれぞれに個性も感性も異なります。
 
 
路傍に咲く一輪の花を美しいと感じる人もいれば・・・
ただの雑草と見向きもしない人もおられます。
 
 
前日のNYの相場を受けて東京の相場が
当日の東京の相場が受けてロンドンの相場が
開始されます。
 
 
概ね相場開始の時間帯では値動きがありますので
トレンドは発生しやすい環境です。
 
 
トレンドの兆しが見えているのにそれでも、全く気付
かない人もいます。
 
 
FXをお勧めする理由は為替相場の環境を知ることが
出来るからです。
 
 
バイナリーの場合は相場観よりもうアップorダウンの
カジノ観が優先される傾向にあるようです。
 
 
カジノは博打です。
 
 
将来を見据えた場合でも為替投資で成果を上げる
にはFXの学習をすべきです。
 
 
投資は欲望と抑制の世界だけに極めて個人的なもの
と考えてはいかがでしょうか。
 
 
そこで本題に入ります。
 
 
当方の多くの製品は為替の本質に特化する為に
常に改善を重ねております。
 
 
目指すところは『100%の確率』です。
 
 
『100%の確率』とは為替のロジックによる
通貨の相関性を指します。
 
 
為替取引そのものは個々の裁量が入りますので
100%の確率に近いものを目指すことになります。
 
 
例えばドル円とユーロ円とユーロドルの値動きが
3通貨ペアともトレンド状態で上昇もしくは下降して
おればユーロ円を選択すれば『100%の確率』で
勝てますがエントリーポイントによっては運用成績
が異なるという事です。
 
 
為替取引においてここは一番重要です。
 
 
つまり、お腹のすいた魚がウヨウヨいる釣り堀に
エサを付けなくとも釣り糸を垂らすだけで飛び付く
ように釣れるのは100%ですが、その釣果
の成績は個人の裁量によって異なると言う事です。
 
 
片や、魚が一匹もいない釣り堀にどんなに長い
時間釣り糸を垂れていても釣果はゼロです。
 
 
釣堀屋さんにお金を取られるばかりです。
 
 
為替取引の世界では釣堀は相場で
釣堀屋さんはプラットフォームを提供している業者です。
 
 
業者とは1対1の勝負で相対取引の関係です。
 
 
プロの業者とアマの個人が対決して勝つ方法
は業者の言いなりにならない事です。
 
 
業者は言います。
 
 
30秒取引は短時間に稼げる最善の方法だと・・・
アマに稼がれては困る業者がなぜそのような
宣伝をするのか・・・・
 
 
それだけにアマである個人はもっと賢明に
なるべきで為替の派生商品のBOやFXで稼ぎた
いなら為替相場そのものを活用すべきなのです。
 
 
ちなみに為替相場において30秒取引は最も
危険と言えます。
 
 
なぜなら為替相場は通貨の交換を成立させる
為に売りと買いが交互に・・行なわれるからです。
 
 
売買が成立される度に表示される「ティック」を見
れば・・・お分かりになりますが、その目まぐるしい
変化の中でのの短時間取引は無謀と言えます。
 
 
だから業者はお勧めするのです。
 
 
すでにご存知の事と存じます。
 
 
ここで結論を申し上げます。
 
 
 
 
それぞれに個性的なチャートです。
 
 
個人の感性にお任せしますと言えばそれで結論
になりますが、ご参考として申し上げます。
 
 
3本のチャートはいずれも成果が出ております。
 
 
特にトレンドスターは前述の「100%の確率」をテーマ
にしており他の2本とは、そのロジックが異なります。
 
 
E-OUTはユーロ離脱に特化したもので2年以上続け
てそれだけで運用成績を上げている方が多いのも事実
です。
 
 
但し、E-OUTは説明広告の通り、ユーロ離脱が円に及
ぼす影響の値動きの観点から表示しております。
 
 
つまりドル円・ユーロ円・ポンド円と円絡みが特徴です。
 
 
円が売られれば3通貨共に上昇します。
円が買われれば3通貨共に下降します。
 
 
3通貨共に同じ方向であることが一番理解し易いところです。
 
 
人間の認識能力は比較本数は3本がベストと言われています。
 
 
トレードではその中で一番強い値動きの通貨を選択すれば
良い事になります。
 
 
それに対してトレンドスターのユーロ圏の通貨選択は
ユーロポンド・ユーロドル・ポンドドルになります。
 
 
狙いは、ずばりユーロドルです。
 
 
ユーロポンド・ユーロドル・ポンドドルの3通貨の値動き
でその取引の強弱が分かります。
 
 
それを通貨の相関に当てはめればユーロドルで勝負する
事の整合性が明確になります。
 
 
したがって100%の確率として取引が可能になります。
 
 
なぜユーロドルかと言えば為替取引量が一番多いからです。
 
 
分母の大きな通貨ペアの取引は値動きが安定してトレンド
が続く傾向にあるのが、その理由です。
 
 
これは為替取引の本筋と言えます。
 
 
更に、BBパワーは下降トレンド狙いです。
 
 
人間の深層心理は底無しの恐怖感にあります。
したがっては下降の値動きに対して本能的に反応します。
 
 
そのスピードは上昇の比ではありません。
 
 
過剰反応とも言うべき弱点でもあるのです。
 
 
仕手筋が売りを煽って下げるだけ下げて買い戻す
のは、この人間の心理をついた常套手段です。
 
 
・・・・であればチャートの傍観者である私共は
その部分だけを取引の対象にすべきではないかと
考えました。
 
 
欧米の投資家は「ベア取引」を好んで行ないます。
 
 
日本の投資家は二兎を追う取引が多いと言われます。
 
 
「待つ投資」に慣れていないのかも知れませんね。
 
 
ここに個性とか感性とかが現れるのだと思います。
 
 
一度やけどされた方がBBパワーでよみがえって
おられるケースが実に多いのも頷けます。
 
 
 
 
それぞれの特徴をご紹介致しました。
 
 
ご注意として製品の価格で選択されないで下さい。(笑)
 
 
これからの運用成績が数千万円になれば、ここでの
数万円の違いは微々たるもので億単位になれば笑い話
でしか過ぎません。
 
 
あくまでもご自身のとって一番好ましいと感じるチャート
ご自身にとって将来的にこの一本で食べていけると
判断の上で選択を行なって頂ければと存じます。
 
 
最後に誘導ではございませんが・・・
 
 
トレンドスターのFX版はまもなくリリースされます。
 
 
BOからFXに守備範囲を広げて為替相場を知るひとつの
きっかけになればと考えております。
 
 
そこでトレンドスターをご購入の皆様にはFX版がリリース
されたならば特別に廉価でサービスさせて頂く予定です。
 
 
為替相関の100%の確率はまだ充分にご理解頂いて
おられない方がおられますがこのロジックは為替の本質を
衝く極めて画期的なものです。
 
 
トレンドスターFX版はプロのトレーダーからも嘱望されて
おります。
 
 
ロジックメーターを搭載して画期的なチャートになりますの
で是非ご期待下さい。
 
 
以上でございます。
 
 
少し長々とご説明いたしましたが言い尽くせないのが
心残りです。
 
 
改めてブログなどでご説明致します。
 
 
どうぞ、今後とも宜しくお願い致します。
 
 
尚、同様のお問い合わせを多く頂いておりますので
この文章の一部はブログにも掲載致しますので
ご了承下さい。
 
 
勿論、個人名等は一切表示致しません。
 
 
宜しくお願い致します。
 
 
この度はお問い合わせ頂き有難うございました。
深くお礼申し上げます。
 
 
為替トレーダーとしての成功を祈念いたします。
 
 
 
最後に当方のホームページブログをご紹介します。
「為替ライフのつぶやき」から
『皆様と同じ立場です。』をご一読下さい。
 
 
 
最後までお読み頂き有難うございました。

—————————————-

プラネットホーム 事業本部
ホームページ      http://planetin.net
サポート★プラネット  support@tenplanet.com
公式eSHOP             https://shop.planetin.net/    

サポート時間           平日AM11:00~PM4:00 (土日祝祭日休)

——————————————————