『為替で稼ぐをデザインする』FXバイナリーオプションで稼げるチャートのプラネット

Planet Products

毎年恒例の『大反省会』が横浜で開催されました。

プラネット通信

毎年恒例の『大反省会』が横浜で開催されました。

 

年末のご挨拶を申し上げます。

本年はご愛顧頂き誠に有難うございました。

多くの方々からプラス収支のご報告を頂き感謝しております。

投資はいかなる場合もプラスの収支が目的ですので良かったと存じます。

 

プラネットホームでは毎年恒例のユーザーをお招きして『大反省会』を

12月30日に横浜の関内のホテルで行われました。

1年の総括を行いトレードの有効性についてディスカッションを行うも

ものです。

勝った人・負けた人がご自分のスタイルを懺悔するコーナーが有りまして

泣きや笑いを誘いますが「ツッコミは一切禁止です。」(笑)

発表の資格者は年間200万円以上勝った人と負けた人です。

 

今年の『大反省会』のテーマは『順張りと逆張り』でした。

高値を更に買うか・売るか

安値を更に売るか・買うか

・・・が順張りと逆張りの分岐点になりますが意外と曖昧なトレーダーが

多いことに気付きました。トレードには絶対的なエビデンスevidence(根拠)

が必要なのですが順張りにせよ逆張りせよ、そのエビデンスが無い事

更に順張りと逆張りのトレードスタイルも無く「成り行き」でのトレードが

負けた人に見受けられました。

 

『大反省会』の意義は実はココにございます。

 

普段ご自分で良かれと思うトレードスタイルはいつしか、少しづつズレが

生じているのにお気づきにならないのです。

これは、ひとえに、トレードに対する考え方の相違ですので簡単に直ります。

 

順張りと逆張りも定義を決めたら徹底して、そのどちらかで行うことです。

そしてデーターを取ってトレードスタイルを明確に決定することです。

それがトレードにおける絶対的なエビデンスevidence(根拠)です。

 

最後に私から皆様に申し上げた一部を記載致します。

回を重ねること11回目の「大反省会」いかがでしたでしょうか。

この会は真摯に投資に取り組む方々の集いでございまして、ギンギンに

お金儲けのみに走る会ではございません。

昨今、お金さえ稼げれば他はどうでも良いような風潮がございます。

私どもの考えるお金儲けは「社会への還元」です。

決して綺麗ごとを申し上げるのではなく「社会に還元」できるほど

稼ぐ事を含めて社会の一員としての自覚を持つ事にあります。

 

当方へのメールにしても礼節を欠いた挨拶文すら無い方もおられます。

100%この方はお稼ぎになれません。

なぜなら、社会性が無いからです。無料のサポートで挨拶も「有難う」

も無い方に心から勝利のサポートを真剣にアドバイスするでしょうか。

・・・・と道徳の時間はこれまでとして・・・本題に移ります。

 

普段は余り人のお話を聞く機会はございませんが、こうして生の声を

聞ける事は大変有意義であります。

たった一つだけでも「気付き」それが明日からのトレードに役立てば

主催者として望外の喜びです。

 

最後に私から皆様に年末、最後の「ヒント」を差し上げます。

お正月気分に浮かれるのも良いのですが、すでに勝負のスタートは切ら

れております。

 

頭の片隅にこの「ヒント」を置いて戦闘モードにスイッチを入れて下さい。

 

為替でお金を稼ぐには、考えるプロセスが大切です。

 

皆さまは商材をご購入されるといち早くPCに設定してシグナルを追い

掛けておられませんでしょうか。

 

シグナル通りにトレードして稼げるならば「自動」で良い筈です。

なのになぜ「裁量」を選択するのでしょうか。

理由は「自動」では稼げないと分かっているからです。

 

ならば「裁量」とは何でしょうか。

答えはご自分の「意志」です。

意志・・・すなわちご自分のトレードスタイルに他ありません。

ご自分のトレードスタイルにどれほど関心と意識を持っておられま

すでしょうか。

 

『大反省会』の総括として重複しますがバイナリーオプションで勝つ為

には「相場を知る」事が重要です。

 

もっと具体的に申し上げれば、相場観を持ってトレードを行う事です。

相場観とはマーケットを観察することで優位性を掴むことです。

相場勘や相場感とは異なります。

基本的には良く観ることです。

何を観るのか・・・現状では円安が進行しドル円・ユーロ円・ポン円

が軒並み上昇しております。通貨の相関からして当然の帰結ですが、

相場観ではこのような状況でドル円・ユーロ円・ポン円の下降を

間違っても追い掛けてはならないと言うことです。

「日足」を見れば一目ですね。

1分足のバイナリーオプションで有ろうと考え方は全く同じです。

たかが1分2分5分で大きく捉えるような相場観は必要ないとお考えの

方は総体的に負けています。

相場の読みが甘いのです。

 

為替の派生商品はすべて原点の為替相場を意識すべきです。

ご自分のトレードスタイルは順張り・逆張りのどちらかに決めて

徹底すべきです。

 

トレードには絶対的にエビデンスevidence(根拠)が必要です。

根拠とは相場観と「確認ツール」としての商材です。

 

つまり商材は確認ツール用でありその前に相場観が存在させることです。

 

相場観及びエビデンスを磨くトレーニングとしてFXのトレード法

イフダンオーシーオ(IFO)を是非お勧めします。

イフダンオーシーオとはFXのトレードにおいてこの場面で「逆指値」

でエントリーし、この場面に達したら「利確」又は「損切り」を行う

と言う、プランニングによるトレード法です。

プランニングの元になるのが「相場観」です。

このトレーニングを重ねることでトレードにおける相場観が養える

ばかりでなく、トレードにおける基本的な考え方が身につきます。

当方のトレーダ―全員はこのトレード法を徹底的にマスターしております。

したがってFXの中でバイナリーオプションが可能なのです。

 

折角、年の瀬にお足を運んでお越し頂いたのですから「お土産」として

イフダンオーシーオ(IFO)を帰宅されましたらNETで調べて

早速、試してみて下さい。

100%皆様のトレードが上達致します。

ちなみに当方の商材の全ては「順張り」仕様です。

「逆張り」を志向される方は真逆を行えば良いことになりますが、

相場観とも逆行することになります。

その点は充分ご注意下さい。

 

「来年度は更に稼ぐ」と意気込んでおられ方は、

まずイフダンオーシーオ(IFO)でトレーニングされ相場観を磨き

更に徹底した順張りでのトレードスタイルを行えばおのずからお金は

付いてくることになります。

 

何事も曖昧にせず徹底すること。

トレーニングは重ねること。

 

この二つを総括の結論とさせて頂きます。

 

それでは、良いお年をお迎え下さい。

皆様にお役に立てる商材を今後ともご提案申し上げます。

 

本日は誠に有難うございました。

 

Planet Home プラネットホーム

責任者 杉田

ホームページ http://planetin.net/

サポート★プラネットsupport@tenplanet.com

※サポート時間 ※平日AM11:00~PM4:00

〒225-0024 神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町