為替で稼ぐには15分足の活用でFXのデイトレード、さらにバイナリーでも稼げます

Planet Products

稼ぎたい反面怖いのです。

——————————————-
 
稼ぎたい反面怖いのです。
 
——————————————-
 
どんな仕事でも稼ぐには学習は必要ですが
世の中は簡単に出来ることが、実は一番
難しいのものかも知れません。
 
 
投資におけるプロとアマの差は何かと問わ
れたら即座にお答えします。
 
 
プロは他人のお金を動かしアマは自分の
お金を動かしますので損失は直接自らに
及びます。
 
 
・・・・だから稼ぎたい反面怖いのです。
 
 
しかしいつまでも怖がっていては目的は
達せられません。
 
 
その為に学習が必要なのです。
 
 
100%確実な理論を学べば自信が付き
それが確信に繋がれば仕事として成立
するのではないでしょうか。
 
 
理論的には為替取引は学習する事で稼
げるのは事実です。
 
 
通貨の相関性理論は現実100%の確率
ですが皆さんは未だ信じ切っていません。
 
 
一度、パーフェクトな取引を経験してみて下さい。
 
 
それが「学習会」の主旨です。
 
——————————————-
 
 
新元号記念
 
トレンド★スター学習会の宿題 
 
 
 
——————————————-
 
 
パーフェクトな取引は夢のまた夢と考えていませんか。
 
 
プラネットホームはトレンドは待つのでは
なく創り出す事から開発は始めました。
 
 
トレンドを待つのではなく創り出すとは・・・
ひとつの通貨ペアのトレンドをずーと待ち
続けるのではなく、通貨の相関性を利用し
て複数の通貨ぺアを組み合わせることで
トレンドを明確に浮き出させる事です。
 
 
トレンドスターのコンセプトはこの100%
のトレンドの実現です。
 
 
通貨の相関性理論を応用すれば100%
の確率でトレンドは出現させる事が可能です。
 
 
したがって正確には100%のトレンドを
創り出す事への挑戦です
 
 
「学習会」ご参加の皆様の宿題は下記の通りです。
 
 
ご参加頂けない方も一緒にご一考下さい。
 
 
 
——————————————-
 
 
 
※GW学習会宿題(予習)
 
 
下記の画像をご覧になってなぜ100%の確率
でトレンドが発生する,そのエビデンス(根拠)
を説明して下さい。
 
 
※ヒントは3通貨ペアの値動きにあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通貨の相関性理論、このロジックを習得される事で
為替取引に確信が持てるようになります。
 
 
子供のジャンケンと同じでグーは、チョキに勝つが
パーに負ける、世界中の誰もが疑わない既成事実と同じです。
 
 
稼ぎたい反面怖い・・・を
克服するには真実に迫る事です。
 
 
真実は実はシンプルなのです。
 
 
あえて複雑にしているのは難しく考える皆様かも知れませんね。
 
 
どうぞ、学習と実践を重ねて下さい。
 
 
プラネットホームは応援させて頂きます。
 
 
サポート★プラネット
 
 
———————————-
 
 
「トレンドスター」特別販売に関して
 
 
特別販売は300本の内、残30本です。
本数の制限30本もしくは期日制限は
4月末日とさせて頂きます。
 
どちらかの制限で完了させて頂きます。
 
宜しくお願い致します。
 
その後は通常販売とさせて頂きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
特別販売(キャシュバック)
 

「トレンド★スター」

http://tenplanet.com/img/trendstar_Advertisement_8.pdf

『トレンド★スター』がご覧になれます。

プラネットホーム

公式『E-ショップ』
https://shop.planetin.net/

 
———————————-
 
GWを利用して集中的にトレンドスター
でお稼ぎになりませんか?
 
GW期間特別サポートさせて頂きます。
 
———————————-
 
トレンドスターご購入済みの皆様へ
 
すでに200名の皆様がお稼ぎです。
 
———————————-
 
 
今回「トレンドスター」のロジックの一例
を設定説明書に追記しました。
 
イーショップからダウンロードしてご活用
下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
———————————-
 
 
プラネットホーム:PlanetHome 
事業本部『サポート★プラネット』
 
 
メールアドレス 
 
ホームページ
 
 
公式『E-ショップ』
 
 
 
———————————-