『為替で稼ぐをデザインする』FXバイナリーオプションで稼げるチャートのプラネット

Planet Products

6月度モニター制度・開講の独り言

 

6月度モニター制度・開講の独り言

『いま時の若いやつらは・・・』と言われて育った私共は

気がついてみると同じセリフと言っている自分に苦笑いします。

10年ひと昔と言われて久しい現代ですがNET時代の今は

2年ひと昔の早さです。

『5倍速』で時代も人も走っています。

2年で人の気持ちまで変わって行くのでしょうか。

 

人と会わずに生活出来る現在は挨拶や礼節が失われて行きます。

人間、人と人との間が無くなったら人間で無く人嫌・人減・人限

・・・・適当な言葉が見つかりません。

 

稼ぐ事ばかりに気をとられ一番大切なものを忘れているような

その一番大切なのものが稼ぐ行為で一番大切である事を知りません。

 

いま時の若いやつらはすぐさま感情を顕わにしてクレーマーに

変身すると言った芥川賞作家の言葉が頷けます。

 

「教養」・「品格」・「礼節」はどこに行ったのでしょうか。

死語と化したのでしょうか。

 

サポートを差し上げても「サンクスメール」もありません。

人の気持ちを分からずしてマーケットを読むのは無理と言えます。

つまり稼ぐ以前の話になります。

 

投資ファンドは拝金主義の強欲の塊でしょうか。

FXやバイナリーの世界は社会の吹き溜まりクズの集まりでしょうか。

 

私は決してそうは思いません。

困った人に手を差し伸べ社会貢献をされている方を多く存じています。

為替の仲間で毎月、福島に足を運んで震災孤児の支援もしています。

しかし、どこの世界にも「変な人」はいるものです。

 

政治の世界でも経済の世界でも自分達の身の回りでも・・・。

 

せめてこのモニター制度の人の集まりの中だけでも互いに繋がりを

持って共に歩んで行きたいと考えております。

 

それが稼げる事への第一歩になる筈です。

 

プラネットホーム

杉 田